日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > めるるのバラエティ出演増加の遠因

めるるのバラエティー出演がさらに増加中! 売出し成功の裏にオスカーのゴタゴタが関係していた?

文=田井じゅん(たい・じゅん)

めるるのバラエティー出演がさらに増加中! 売出し成功の裏にオスカーのゴタゴタが関係していた?の画像1
生見愛瑠(@meru_nukumiより)

 少ない席をめぐり、常に争奪戦が繰り返されているのが、バラエティ番組における“若手女性枠”だ。ここ数年は、みちょぱこと池田美優、朝日奈央、藤田ニコルらが1軍メンバーとして多くの番組に出演し、さらにはファーストサマーウイカ、ゆきぽよこと木村有希などが食い込んでくるという図式だった。そして、昨年くらいから急激に出番を増やし、トップに躍り出ようとしているのが、めるること生見愛瑠だ。

「めるるは昨年の時点ですでにブレイク済みでしたが、今年に入ってまた活躍が目立つようになっています。10代のバラエティタレントのなかでは確実にトップだし、すでにみちょぱや朝日奈央の牙城を崩す勢いです」(テレビ局関係者)

 めるるは、みちょぱや朝日とはまた違ったタイプのバラエティタレントだ。

「いわゆる“おバカ系”のキャラクラーで、予想もできない言動が出てくるのが大きな魅力。毒舌系やぶっちゃけ系でもないし、体を張るわけでもない。ガツガツした雰囲気もなく、わざとらしくもないので、自然体な姿が好感度にも繋がる。

 みちょぱや朝日は、バラエティ能力の高さをしっかりと見せていくタイプですが、めるるはそこまで積極的ではない。受身の姿勢にもかかわらず、周囲を楽しませることができるのが大きな特徴です」(同)

 さらに、本人のポテンシャルだけでなく、さまざまな要素も絡んだ上でのブレイクだと見られている。

「ちょっと前にオスカープロモーションの社内ゴタゴタがあって、多くの社員が退社しましたが、そのなかでマネージャーがめるるが所属事務所するエイベックスに移籍したというんです。オスカーというと、ギャラを安くしてでも、メディア露出を増やすというパターンで、新人を強引に売り出していくことでもおなじみ。もしかしたら、めるるの売出しに、オスカーのノウハウが活かされているのかもしれません」(芸能事務所関係者)

 そんなオスカーの所属タレントとしては、高橋ひかるがバラエティ番組で活躍中だ。

「めるると高橋は同学年で、日本テレビ系『スクール革命!』ではともに準レギュラーを務めていて、まさにポジションを奪い合う関係です。その裏側にオスカー内部のゴタゴタが影響しているのかもしれないと考えると、なかなか興味深い戦いですね」(同)

 トップに立たんとするめるるを猛追する高橋ひかるの動向からも目が離せない。

田井じゅん(たい・じゅん)

田井じゅん(たい・じゅん)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

最終更新:2021/03/25 09:00

めるるのバラエティー出演がさらに増加中! 売出し成功の裏にオスカーのゴタゴタが関係していた?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

体を張る春日と若林の仕事の違いとは

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真