椎茸・ザ ・ボンバーの一点突破! “映え”だけじゃない極端かた焼きそばの滋味と享楽

文=MARUOSA(マルオサ)

椎茸・ザ ・ボンバーの一点突破! 映えだけじゃない極端かた焼きそばの滋味と享楽の画像1
以下、写真/小嶋真理

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、海外の有名音楽フェスに出演するなど、国内外で評価されてきた“エクストリーム・ミュージシャン”のMARUOSA。他方で“かた焼きそば研究家”としての顔も持ち、近年は『新・日本男児と中居』(日本テレビ)や『たけしのニッポンのミカタ!』(テレビ東京系)といった地上波のテレビ番組にしばしば登場して注目を集めている。そんな彼が、驚愕の絶品・珍品に光を当てながら、かた焼きそばの奥深き哲学に迫る!

 まだ帰るわけにはいかない。
 前回 の目的地「ミッキー飯店」の店外で、満ちたお腹を労わりながら静かに気持ちを高めていた。なぜなら、中野坂上にはもう一軒、まだ見ぬ魅惑のかた焼きそばが潜んでいるのだから。
 来た道をなぞるように中野坂上駅へ。先ほどとは打って変わって人通りの多い、まさに駅前ど真ん中。ランドマークであるサンブライトツインビルが堂々とそびえ立つ。入口付近にテナントである各飲食店の一覧が記載されたサイネージがなんとも大型ビルらしいのだが、まさにこの場所が今回の目的地である。

椎茸・ザ ・ボンバーの一点突破! 映えだけじゃない極端かた焼きそばの滋味と享楽の画像2
中野坂上駅と直結したサンブライトツインビル。

 ここでふと、一抹の不安がよぎる。「人気店とは聞いているが、大型資本店でないにもかかわらず、賃料が高いであろう駅ビルで高クオリティを維持しつつ営業を続けるなんて可能なのだろうか?」と。
 地下に下りると半円形に店舗が連なっていて、このいかにも商業施設らしい“のっぺり”かつ“ぼんやり”とした無機質な造りがMall Music Muzak『Mall Of 1974』を彷彿とさせる。

椎茸・ザ ・ボンバーの一点突破! 映えだけじゃない極端かた焼きそばの滋味と享楽の画像3
お目当ての店はビルの地下に存在した。

 もちろん、料理の美味しさと店の外観は比例するとは限らないのだが、いわゆる「美味しそうな店構え」感がまったく感じられない。屋号は「華吉」。言わずもがな、外観からは何も想像できない。果たしてどうなのか。
 店内に入って着席し、メニューを確認。

椎茸・ザ ・ボンバーの一点突破! 映えだけじゃない極端かた焼きそばの滋味と享楽の画像4
メニューに書かれたさまざまなかた焼きそばたち。

 かた焼きそばだけでも10種類の取り揃えは、これまで最多かもしれない。「搾菜肉絲炸麺(ザーサイかたやき)」や「韮菜炸麺(ニラかたやき)」も捨てがたいが、今回は「香菇炸麺(椎茸かたやき)」をオーダー。

椎茸がすべてを統率する

椎茸・ザ ・ボンバーの一点突破! 映えだけじゃない極端かた焼きそばの滋味と享楽の画像5
テーブルに運ばれてきた「香菇炸麺(椎茸かたやき)」。

 どこからどう見ても、まごうことなき椎茸かたやきである。Mr. Dynamite Shiitake the bomber。これぞ一点突破。

 椎茸嫌いにはただの地獄絵図でしかないが、ここ「華吉」は町中華好き、特に椎茸好きがこぞって集まる聖地だそうだ。看板メニューである「香菇麺(椎茸うま煮そば)」のほか、「香菇会飯(椎茸あんかけご飯)」という珍しい料理もある。
 ちなみに、椎茸には傘の開き方によって3種類の呼び方があり、開きが少ないものから「冬菇(どんこ)」「香菇(こうこ)」「香信(こうしん)」と分かれている。その中でも「香菇(こうこ)」は見栄えと食べごたえの両方を兼ね備えているオールマイティーな椎茸だそうだ。
 ほかの具材はチンゲンサイ、たけのこ、豚肉のみのシンプル構成。ライトに揚げた中細麺に、とろみ弱めのオイスターベース薄味あんかけ。一見、椎茸の “映え”のみで構成された極端なフォーメーションである。しかし、頼りなさげに思える最小限の具材も、ライトな揚げ麺も、薄味のあんかけも、すべて計算のうち。絶対的エースである香菇椎茸の滋味深きうま味と享楽的な食感が全体を統率し、螺旋の高みにのぼっていくのだ。
 あぁ椎茸よ、あなたがこれほどまでに偉大な食材だったとは知らなかった。シンプルにして至高、ジョルジオ・モロダー「UtopiaMe Giorgio)」が脳内で駆けめぐる快感フレーバー。

 本日2食目&親知らず治療中にもかかわらず、優しさに抱かれるように完食。
 余談だが、「天皇の料理番」で知られる秋山徳蔵氏のエッセイによれば、椎茸は性欲を減退させる食材だそうだ。賢者モードになりたいときは必食かもしれない。

〈INFO〉
・華吉
住所:東京都中野区本町2-46-1 サンブライトツインB1営業時間:[月~金]11:00~22:30(L.O.22:00)[土・祝]11:00~21:30(L.O.21:00)
定休日:日曜・祝日

椎茸・ザ ・ボンバーの一点突破! 映えだけじゃない極端かた焼きそばの滋味と享楽の画像6
MARUOSA(マルオサ)

●プロフィール
MARUOSA(マルオサ)
1980年、大阪生まれ、東京在住。エクストリーム・ミュージシャンとして、これまでに20カ国以上でライブを行い、世界3大メディア・アート・フェスのひとつ「ソナー」(スペイン)、約28万人も訪れる欧州最大級の「ロスキレ・フェススティバル」(デンマーク)、世界最大の音楽見本市「SXSW」(アメリカ)などに出演。かた焼きそば研究家としてテレビ・ラジオ出演やコラム執筆といった活動も行う。
Twitter:@maruosa Instagram:maruosa
maruosa.com

MARUOSA(マルオサ)

MARUOSA(マルオサ)

1980年、大阪生まれ、東京在住。エクストリーム・ミュージシャンとして、これまでに20カ国以上でライブを行い、世界3大メディア・アート・フェスのひとつ「ソナー」(スペイン)、約28万人も訪れる欧州最大級の「ロスキレ・フェススティバル」(デンマーク)、世界最大の音楽見本市「SXSW」(アメリカ)などに出演。かた焼きそば研究家としてテレビ・ラジオ出演やコラム執筆といった活動も行う。

Twitter:@maruosa

【maruosa.com】

最終更新:2021/03/28 11:00

椎茸・ザ ・ボンバーの一点突破! “映え”だけじゃない極端かた焼きそばの滋味と享楽のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

光浦と大久保、コンビ芸人の時間の積み重ね

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

PANTA「頭脳警察」伝説

「3億円事件」の指名手配写真をジャケット画にしたデビューアルバムは発売中止、セカンド...
写真