日刊サイゾー トップ > 芸能  > 女子アナ大混乱!フリーが多すぎて退社できない!?

女子アナ大混乱! フリーが多すぎて退社できない!? 仕事にあぶれる局アナも…

文=小林真一(こばやし・しんいち)

女子アナ大混乱! フリーが多すぎて退社できない!? 仕事にあぶれる局アナも…の画像1
NHK『あさイチ』公式インスタグラムより

 田中みな実や加藤綾子などフリーに転身して活躍する女子アナは多いが、今年に入ってからは事情が少し変わってきているという。

「ブラタモリやあさイチで活躍をした近江友里恵アナがNHKを退社するのですが、フリーにならずに大手の不動産会社に転職するそうです。他にも、バラエティなどで活躍していたTBSの伊東楓アナも絵本作家に転身するなど、退職後の進路としてフリーの女子アナを選ばないことが多くなっているんです」(民放関係者談)
 
 これまでは、人気番組に出演していた女子アナならばフリーに転身すると会社員時代よりも数倍は稼げると言われてきたのだが…。

「あまりにフリーの女子アナが増えてしまい活躍できる場が少なくなっているんです。また、新型コロナの影響もあって民放各局が業績不振となっている中で少しでも経費を浮かそうと自社のアナウンサーを起用することが多くなっている。イベントなどがコロナでなくなっているのもフリーの女子アナが稼げなくなっている一因になっています。中には会社員時代よりも稼げなくなった女子アナもいるそうです」(民放関係者談)

 アナウンス力や知名度があるだけでは、今後はフリーの女子アナとして活躍できないという。

「テレ東の鷲見玲奈アナはフリーになってから苦戦をしています。グラビア活動や局アナ時代の暴露ネタを披露するなど、なりふり構わない売り込みでなんとか生き残りを図ろうとしている。そこまでやらないと、知名度のあるアナウンサーでもフリーに転身してから活躍できない状況になっているんです」(民放関係者談)

 ここ最近の稼ぎ頭である田中みな実は、早々にフリーの女子アナというポジションに見切りをつけたという。

「田中はバラエティや情報番組の仕事は極力受けないようになっていて、女優とCMで活躍することで差別化を図ろうとしている。どんなに安いギャラでもいいからと、女優仕事を最優先しているそうです。逆に、MCやキャスターにこだわっている加藤綾子や夏目三久は、担当している帯番組が低視聴率で軌道修正が出来なくなっています。二人共に局の上層部に気に入られているので打ち切りはないと言われてきましたが、庇いきれないほどに状況が悪く、今年いっぱいでそれぞれの帯番組が打ちきりになる予定のようです」(民放関係者談)

 コロナ禍で不況となり、フリーの女子アナが活躍できる可能性はどんどん少なくなっているようだ。

「日テレの水卜麻美アナは今年フリーになるために調整をしていたのですが、急遽『ZIP!』を担当することが決定した。テレビ朝日の弘中綾香アナもフリー転身の動きがあったのですが、本人の意向で先送りになったようです。不況だとはいえ、人気の女子アナは各局ともに特別手当もついて年収が1200万円ほどと言われる。コロナ禍の中では十分すぎる給料と考えて、無理にフリーにならない女子アナが増えているんです」(民放関係者談)

 フリーに転身しない女子アナが増えることで問題も出てくるという。

「各局は“女子アナ30歳定年説”に沿って採用をしているので、このままだと余ってしまう。一方でスポンサーの意向で、番組MCとして起用できるのが人気の女子アナに限られてきてしまい、仕事がまったくない若手アナが多くなってきている。フリーの女子アナをギャラの問題で使わなくなってきていますが、その代わりに人気のない若手を使うことも出来ない。結局は、水卜アナや弘中アナのようなスター女子アナに仕事が集中してしまう。差が出てしまうことで、どこの局でもアナウンス部の雰囲気が非常に悪くなっています」(民放関係者談)

 人気絶頂で辞められても困るし、いつまでも局にいられても困る。女子アナとは不思議な職業だと言えるだろう。

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

出版社、IT企業、テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2021/03/29 23:00

女子アナ大混乱! フリーが多すぎて退社できない!? 仕事にあぶれる局アナも…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

菅政権がおかしいーーついに五輪組織委警備最高責任者が爆弾証言

今週の注目記事・第1位「『五輪、無理だ』警備...…
写真
インタビュー

EXILE世界が選ぶ2020年最高のアニメ

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗い...
写真