日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 庵野監督『シン・仮面ライダー』制作決定

庵野秀明監督『シン・仮面ライダー』制作決定! 東映が次に期待するのは『シン・〇〇』か?

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

庵野秀明監督『シン・仮面ライダー』制作決定! 東映が次に期待するのは『シン・〇〇』か?の画像1
『シン・仮面ライダー』(©石森プロ)

 東映は4月3日、『仮面ライダー』生誕50周年企画として、庵野秀明が脚本・監督を担当する映画『シン・仮面ライダー』を制作すると発表した。

 総監督を務めた『シン・エヴァンゲリオン劇場版』も大ヒット中の庵野。同じく総監督の『シン・ゴジラ』(2016年)、企画・脚本・プロデューサーを務める『シン・ウルトラマン』(2021年公開予定)に続いて、今度は『仮面ライダー』を再生させることとなった。往年の名作を“シン”の名のもとに次々とリメイクさせる庵野に対しては、さらなる“シン”シリーズへの期待も高まっている。

「ネット上では『シン・ナウシカ』とか、『シン・ガンダム』を庵野監督に作って欲しいとの声も多いですが、業界的に次に来そうだと言われているのが、実写版の『シン・デビルマン』です」(映画関係者)

 永井豪の不朽の名作漫画『デビルマン』は、2004年に実写映画化されている。

「実写版『デビルマン』は東映がかなりの制作費をかけて作ったものの、あまりにも評価が低く、黒歴史的作品になっています。駄作というイメージが定着していて、もはや正当な評価が許されないほどの状況。東映としても、どうにかしてこの汚名を返上したいという思惑があるはずで、庵野監督であれば必ずや素晴らしい実写版『デビルマン』を作ってくれるのではないかと、期待する関係者も多いです」(同)

 庵野監督といえば、『デビルマン』と同じく永井豪の名作漫画『キューティーハニー』の実写映画の監督を務めている。

「庵野は実写版『キューティーハニー』の監督とOVA『Re:キューティーハニー』の総監督を務めています。いずれも、大ヒットしたわけではないものの、原作のイメージを踏襲しつつ、庵野らしいテイストに溢れた作品として、隠れた名作と言われている。永井豪作品と庵野秀明の相性の良さを証明するには充分な作品だったと言えます。そういう意味でも、もしも『デビルマン』を庵野が実写化したら、かなり素晴らしい作品になるはずです」(同)

 過去の実写化作品が酷評されすぎていて、誰も手を出そうとしなくなっている『デビルマン』。果たして、庵野がこの名作に新たな命を吹き込むことはあるのだろうか。

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2021/04/08 06:00

庵野秀明監督『シン・仮面ライダー』制作決定! 東映が次に期待するのは『シン・〇〇』か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家茂の激動人生、恋人を殺害?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

中島岳志が見る2021年衆院選の行方

 政治学者・中島岳志氏を迎えた本インタビュー。前編「『選挙に行こう』だけでは意味がな...
写真