日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ラヴィット!』番組スタッフの“低レベル”

グダグダ! EXITの『ラヴィット!』ボイコットで露呈した番組スタッフの“低レベル”

文=与良天悟(よら・てんご)

グダグダ! EXITの『ラヴィット!』ボイコットで露呈した番組スタッフの低レベルの画像1
TBS『ラヴィット!』公式サイトより

 制作する側のクオリティの低さが露呈してしまった形だ。

『グッとラック!』に代わってTBSの朝の顔として期待された『ラヴィット!』が爆死続きとなっている。3月29日の初回視聴率は2.7%に沈み、以降も右肩下がりで4月1日には1.8%にまで落ち込むなど、目も当てられない状況だ。

 そんななか、9日放送回では信じられないハプニングが発生した。

「この日は、超一流ピザ職人が人気宅配ピザ『ドミノ・ピザ』のメニューをおいしい順に選んだランキングをクイズ形式で紹介する企画が行われました。しかし、曜日レギュラーであるEXITが予想パネルを提示しなかった。その理由をりんたろー。が『大人の事情でちょっと……』と説明。MCの麒麟・川島明が、『EXITの2人はいろいろコマーシャルもやられてまして、そういうこともあるんですけど』と理解を示しつつ答えを要求しても、兼近大樹が『いろんなところに迷惑がかかるんで』と言って拒否。その後、2人はコーナーが終わるまで席を離れ、画面からも消えることとなりました」(テレビ誌ライター)

 視聴者からも「最早グダグダだな」「初日から途中退席とか彼らもかわいそう」との声が上がったが、テレビ関係者も呆れ顔でこう語る。

「EXITは『出前館』のCMに出演しているため、ドミノ・ピザは競合だと判断されたのでしょう。しかし、あえてこの日にやる必然性もない企画で、番組サイドが出演者の状況をきちんと把握していれば内容調整できた話。そもそも『ラヴィット!』は毎日のように食べ物のランキング企画に放送時間の大部分を費やしている。ネット上でも『面白くない芸人やタレントが長々とはしゃいでパスタソースの順位を当てるとか、くだらなすぎる』『皆朝から忙しく働いているのに、パスタソースの順位を観ている自分が情けなくなりました』と散々なコメントが連打されていますが、裏番組と比較してもクオリティが一段低い感じは否めません」

 早期にテコ入れしないと、短命に終わりそうだ。

与良天悟(よら・てんご)

与良天悟(よら・てんご)

1984年、千葉県出身のウェブメディア編集者。某カルチャー系メディアで音楽や演劇を中心にインタビューなどを担当するほか、フリーで地元千葉県の企業の記事なども請け負っている。

最終更新:2021/04/12 15:00

グダグダ! EXITの『ラヴィット!』ボイコットで露呈した番組スタッフの“低レベル”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

再開発完了の二子玉川、これからどうなる?

 これまで東京都内を中心に、都市計画決定さ...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真