日刊サイゾー トップ > エンタメ  > フジアナ「集団ステマ」疑惑もお咎めナシ?

フジテレビアナウンサー7人の集団ステマ疑惑 「女子アナ=タレント」のフジはお咎めなしか

フジテレビアナウンサー7人の集団ステマ疑惑 「女子アナ=タレント」のフジはお咎めなしかの画像1
三田友梨佳 フジテレビ 公式サイトより

 吉本芸人を彷彿とさせる、女子アナ版「闇営業」といったところか。

 4月15日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、フジテレビの女性アナウンサーによる「ステルスマーケティング(ステマ)」疑惑を報道。ネット上をザワつかせている。

「文春によれば、野島卓アナウンス室部長によって井上清華アナ、宮澤智アナ、久慈暁子アナ、堤礼実アナ、三上真奈アナ、杉原千尋アナ、海老原優香アナが事情聴取されることに。彼女たちは芸能人御用達の美容室に通い、ヘアカットやネイル、まつエクなどの施術を無料にしてもらう代わりにSNSなどでお店の宣伝に協力していたといいます。聴取を受けた女子アナたちは叱責されたことに不服だったようで『三田さんもやってる』と、ミタパンこと三田友梨佳アナの名前を挙げていたそう」(週刊誌記者)

 SNS全盛の時代、一般人でも「インスタ割」など宣伝に協力すれば値引きサービスを受けられることもあるだけに、「何がいけないのか?」といぶかる人も多いようだ。

「確かに、女性芸能人は全員やっているようなことではあります。しかし、問題なのは彼女たちが会社員であること。ましてやテレビ局は広告枠を売って成り立っている業種でもある。会社が預かり知らぬところで“フジの女子アナブランド”を個人的に利用して特定の会社の宣伝を行い、利益供与を受けていたというのは、やはり問題視されてしかるべきでしょう。しかも、井上アナは『めざましテレビ』、三上アナは『ノンストップ!』、宮澤アナは『プライムオンラインTODAY』と、情報番組や報道番組でキャスターを務める立場でもありますから、意識が低かったと言わざるを得ない。よく、テレビで女子アナたちが『私たちはタレントではなくOL』と語ったり、結婚や熱愛報道などが出る際に『アナウンサーは一般の会社員なのに』と言った論調が語られますが、彼女たちが私生活の中で女子アナブランドを利用しているのを見れば、自ら“女子アナ=タレント”と証明しているようなものですね」(前出・週刊誌記者)

 女子アナのタレント化を主導してきたフジだけに、“お咎めなし”となるのだろうか。

黒崎さとし(編集者・ライター)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。普段は某エンタメ企業に勤務してます。

Twitter:@kurosakisatoshi

くろさきさとし

最終更新:2021/04/15 19:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『24時間テレビ』強行放送の日テレに反省の色ナシ

「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで197...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真