日刊サイゾー トップ > 社会  > ゲームストック騒動の炎上が止まらない

スマホ投資家が、ウォール街に噛みついた「ゲームストック騒動」の炎上が止まらない

文=後藤直義

──あまりにも速すぎるデジタルテクノロジーの進化に、社会や法律、倫理が追いつかない現代。世界でさまざまなテクノロジーが生み出され、デジタルトランスフォーメーションが進行している。果たしてそこは、ハイテクの楽園か、それともディストピアなのか……。(「月刊サイゾー」3月号より一部転載)

スマホ投資家が、ウォール街に噛みついた「ゲームストック騒動」の炎上が止まらないの画像1
Photo/GettyImages

 小さなアリの群れが集まって、はるかに大きな巨象を打ち倒した、その先に待っていたものは──。

 年明けからの米国の経済ニュースは、いわゆる「ゲームストック(通称GME)」をめぐる大騒動で持ち切りだ。主要なメディアも連日、このゲームストップをめぐるドラマを報じ続けている。

 GMEと言われても、なんのことかわからない読者がほとんどだろう。

 実はこれは、米国最大級のゲームソフトの小売店チェーン「ゲームストップ」という会社のことだ。このGMEは、ニューヨーク証券取引所に上場しており、このゲームストップの株式銘柄のコードのことだ。

 ゲームストップのルーツは、1984年に米国のダラス(テキサス州)で生まれた、小さなゲーム屋さん。当時は「アタリ2600」であったり、任天堂の「ファミリーコンピュータ(NES)」といった家庭用ゲームソフトを、店頭で売っていたのだ。

 おそらく読者の中にも、自分が子どもの頃に通ったゲームショップに、ノスタルジックな思いを持っている人は多いのではないか。

 かつて、お小遣いを握りしめて「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」などを買った、懐かしのゲームショップの米国版だと思えばいい。

 2000年代後半から、その黄金期を迎えることになり、買収攻勢によって店舗を米国国外にも拡大。カナダ、ヨーロッパ、ニュージーランドなどに、現在も約5000ものゲームショップを展開している。

 ところが昨今、ゲームはオンライン上で購入することが当たり前になった。さらに新型コロナの影響により、リアル店舗を抱えているゲームストップは苦戦を強いられている。

 このゲームストップの株価をめぐって、ウォール街のヘッジファンドと、名もなき個人投資家によって、誰も見たことのないバトルが繰り広げられているのだ。

123

スマホ投資家が、ウォール街に噛みついた「ゲームストック騒動」の炎上が止まらないのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

堤真一演じる”平岡円四郎、実はコミュ障

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真