日刊サイゾー トップ > 社会  > メルカリ、高額で売れるジャンク品1位は?

【メルカリ】壊れていても6万円!? 高額で売れるジャンク製品7選、1位はやっぱり〇〇だった!

文=すずきあきら/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ペットボトルやトイレットペーパ-の芯でさえも売れる「メルカリ」。不用品を個人間で売買するフリマアプリだけに、商品の状態は“新品同様”だったり“難あり”などバラバラ……。でも、なかには画面が割れていたり電源が入らないジャンク品(故障品)であっても、売れる場合があるのをご存じだろうか? そこで今回は、メルカリで値が付くジャンク品を紹介しよう。もしかしたら、アナタの部屋にもお宝が眠っているかも!

壊れた家電製品も「メルカリ」ならゴミじゃない!

 2021年4月時点で利用者数が1,000万人を突破したという大人気のフリマアプリ「メルカリ」。テレワーク中は暇過ぎて、自宅の不用品をせっせっとメルカリに出品している人も多いことだろう。しかし、壊れたり動かないジャンク品を、わざわざお金を払って粗大ごみとして捨てたりしていないだろうか? それ、ちょっと待った! 実はメルカリではペットボトルやトイレットペーパーの芯でさえお金になる場合もあるのだ。詳しく知りたい人は→こちらを参考にしてほしいが、ジャンク品をお金を払って捨てる前に、まずはメルカリに出品してみよう。もしかしたら高値で売れちゃうかもしれな…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/04/23 09:30

【メルカリ】壊れていても6万円!? 高額で売れるジャンク製品7選、1位はやっぱり〇〇だった!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

近藤真彦、芸能界から消えていく?

 4月いっぱいでジャニーズ事務所を電撃退所し...…
写真
インタビュー

授業オンライン化を迫られる学校教育の現場

 コロナ禍で学校の授業のオンライン化が待ったなしの状況となる中、そのやり方を丁寧...
写真