日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ティモンディ高岸、大河ドラマ出演

ティモンディ高岸、大河ドラマ出演 「ネタを見せない」ことがブレイクにつながった?

文=田井じゅん(たい・じゅん)

ティモンディ高岸、大河ドラマ出演 「ネタを見せない」ことがブレイクにつながった?の画像1
『鎌倉殿の13人』公式twitte(@nhk_kamakura13)rより

 お笑いコンビ「ティモンディ」の高岸宏行が、2022年放送のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演することが発表された。北条家を支える武士・仁田忠常を演じる。

 ティモンディは、甲子園常連校である愛媛の済美高野球部出身のコンビ。特に高岸はプロ野球のスカウトに注目されていたほどの投手で、始球式で球速142km/hをマークしたこともある。バラエティ番組では野球に関連するロケや体当たりロケなど、体力系の企画に出演することが多い。

「まさにプロアスリート級の体力と異常なまでのポジティブなキャラクターが高岸の持ち味。相方の前田もまた、高岸に負けずとも劣らぬ運動神経で、コンビともに体力系のロケで活躍しています。ただ、ネタ番組には全然出演していません」(テレビ局関係者)

 ここ数年は、お笑い第7世代の台頭もあり、お笑い賞レースが盛り上がり、ネタ番組も人気だ。しかし、ティモンディに関してはネタで注目されることは皆無だ。

「いまのお笑い界の流れは、まずネタで注目され、そこからバラエティでハネるというのが基本。ティモンディのように、ネタ番組にはあまり出ず、いきなりバラエティでブレイクするケースはかなりレアです。まあでも、正直言ってネタの方はそんなに面白くない。タイプ的には、冷静なツッコミと超個性的なボケでオードリーのような感じですが、決して評価が高いわけではありません」(同)

 ネタをあまりメディアで披露していないということが、ティモンディにとっては大きなメリットになっている。

「ネタ番組でスベっている姿を見られると、“おもしろくないコンビ”というイメージがついてしまいますし、“スベリ芸”みたいな枠組みに入れられることも多い。ティモンディの場合は、ネタ番組に出ていないおかげで、そうなってしまうのを避けられているのが大きいですね。

 もちろんネタ番組のオーディションに引っかからないという事情もあるのでしょうが、ネタ番組ではなく体力系の路線で売り出している事務所の戦略は大正解。ポジティブキャラを全面に出すことで、芸人らしからぬ“清潔感”も出てきていますし、ドラマ出演で好感度も上がりそうです」(同)

 ティモンディは“ネタを見せないお笑いコンビ”として、独自の路線で飛躍していくに違いない。

田井じゅん(たい・じゅん)

田井じゅん(たい・じゅん)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

最終更新:2021/05/01 15:00

ティモンディ高岸、大河ドラマ出演 「ネタを見せない」ことがブレイクにつながった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

菅政権がおかしいーーついに五輪組織委警備最高責任者が爆弾証言

今週の注目記事・第1位「『五輪、無理だ』警備...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真