日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 世界は映画を見ていれば大体わかる  > U-NEXTで配信中のおすすめのダメ映画3本
世界は映画を見ていれば大体わかる#7

『ドクター・ドリトル』に負けず劣らず最低! U-NEXTで配信中のおすすめのダメ映画3本

文=しばりやトーマス(しばりや・とーます)

『ドクター・ドリトル』に負けず劣らず最低! U-NEXTで配信中のおすすめのダメ映画3本の画像1 ハリウッドは第93回アカデミー賞の発表を目前に控え(現地時間4月25日)盛り上がっている頃だが、筆者はその前日に発表されるゴールデン・ラズベリー賞(通称ラジー賞)にも注目している。

 アカデミー賞が米映画界最高の名誉ならばラジー賞は最低映画の名誉(?)である。「あんたの映画は最低です。よってここに表彰します」とやっちゃうのだから、ハリウッドのギャグセンスは奮っている。

 本家アカデミーのように表彰式もきちんと行われ、オスカー像をまねた受賞トロフィー(めっちゃ安っぽいつくりの)も渡される。パロディにしても手間がかかっている。最低映画の受賞式に来る人なんているの?と疑問に思うそこのあなた! ちゃんといます。

『ドクター・ドリトル』に負けず劣らず最低! U-NEXTで配信中のおすすめのダメ映画3本の画像2
『ショーガール』U-NEXT 公式サイトより

 ラスベガスで一流のスターになることを夢見るダンサー(ストリップの)たちの「女の戦い」を描いた『ショーガール』(95)は13部門ノミネート、7部門を制覇。登場人物は全員自分のことしか考えていない(主人公も含め)最低人間の集まりで、誰にも感情移入できないダメ映画だが、金髪美女のオッパイだけは嫌というほど見られるのでその筋の人には大人気であったという。1999年の第20回を記念して特別に創設された「1990年代最低作品賞」にも輝き、2005年の「25周年最低ドラマ賞」にもノミネートされ、以後カルト作品の名をほしいままにしている。

 監督したのは『ロボコップ』でお馴染みのポール・バーホーベンだが、授賞式に堂々現れトロフィーを受け取った。ちなみに彼は、ラジー賞で最初に直接トロフィーを手にした人間である。彼はその後も軍国主義を茶化した『スターシップ・トゥルーパーズ』や美女がウ〇コまみれになる『ブラックブック』など、良識派の神経を逆なでする映画ばかり撮っているのでラジー賞はむしろ名誉かも!?

『ドクター・ドリトル』に負けず劣らず最低! U-NEXTで配信中のおすすめのダメ映画3本の画像3
『キャットウーマン』U-NEXT 公式サイトより

 バットマンに登場するヴィラン(悪役)の一人を主役にした『キャットウーマン』は、原作の設定もキャラクターもガン無視したことでアメコミファンからそっぽを向かれ、敵役でキャストされたシャロン・ストーンの、現場での度を越した我儘ぶりにも振り回されたことも影響し、映画は大失敗。第25回ラジー賞の4部門受賞に輝いた。

 だがキャットウーマンを演じたハル・ベリーは授賞式に現れた! しかも2002年のアカデミー賞で初のアフリカ系アメリカ人として主演女優賞に輝いた際の感動的なスピーチのパロディを行って! ラジー賞の関係者も思わず涙したという名場面となった。

『ドクター・ドリトル』に負けず劣らず最低! U-NEXTで配信中のおすすめのダメ映画3本の画像4
『ムービー43』U-NEXT 公式サイトより

 第34回の3部門制覇を成し遂げた『ムービー43』12本の短編をただ繋げただけの適当な構成な上、えげつない下ネタのオンパレードでまるで笑えない。オールスターキャスト(オールスター映画で下ネタギャグが繰り広げられることが唯一の価値か)だが内容が内容なので誰も宣伝に協力せず、ひっそりと公開され沈没した。

 上映時間1時間半だが体感時間は3時間に匹敵し、鑑賞後はぐっすりと眠ることができるだろう……本作は最低監督賞で13人、最低脚本賞として21人が同時に受賞した。ラジー賞最多の受賞者数!最低映画賞における最低の名誉!

 日本で公開されたことは奇跡にも思えるが、筆者がマスコミ試写に行ったときは他に一人しか来ていなくて、宣伝担当ともども居た堪れない気分を味わった。

 以上の作品はU-NEXTで配信中なので、どれだけダメなのかぜひ確認して! 最低だとかダメ映画という要素すら笑いにしてエンターテイメントに変えてしまうハリウッドの奥深さをラジー賞には感じる。日本でもマネして文春きいちご賞とかスポーツ報知主催の蛇いちご賞とかやってたけど、どれもこれもうまくいかなくて中断しているのは、本家にあるユーモアセンスがないからでしょう。それさえあれば日本でも授賞式にやってきてくれる製作者や出演者が現れるかもよ?〇〇の監督とか、××の主演俳優とか……。

 

しばりやトーマス(しばりや・とーます)

しばりやトーマス(しばりや・とーます)

関西を中心に活動するフリーの映画面白コメンテイター。どうでもいい時事ネタを収集する企画「地下ニュースグランプリ」主催。

Twitter:@sivariyathomas

最終更新:2021/05/03 12:00

『ドクター・ドリトル』に負けず劣らず最低! U-NEXTで配信中のおすすめのダメ映画3本のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

コント番組が乱立、区別つかず!? 

お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただ...…
写真
インタビュー

山田邦子がYouTuberに!?

――歯に衣着せぬ発言で芸能界の裏事情を語り倒す動画。配信者は、山田邦子。えっ、あの邦ちゃ...
写真