日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 急成長の宮里ソルにどんどんイキってほしい

『フリースタイルティーチャー』最弱が最強になった!? 急成長の宮里ソルにどんどんイキってほしい

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

【確認中】『フリースタイルティーチャー』最弱が最強になった!? 急成長の宮里ソルにどんどんイキってほしいの画像1
宮里ソル(円神)Instagram(@sol.xce)より

 4月28日放送『フリースタイルティーチャー』(テレビ朝日系)で「男性アイドルラッパー育成SP」2ndバトル総当たり戦の2週目が行われた。

 総当たり戦に参加するスチューデントにとって大事なのは、日々の修練とティーチャーとの相性である。センスももちろん大事だが、それ以上に指導によって彼らは大きくレベルアップする。だから、結果は最後まで本当にわからない。決して初期ステータスじゃ判断できない。それをこの日の放送で改めて思い知った。

鳴りを潜めた9太郎のポジティブさ

 第1試合は、岡野海斗(Boom Trigger) & SAM VS 末吉9太郎(CUBERS) & 晋平太の一戦。

 前回の横山統威(祭nine.)とのバトル後、9太郎&晋平太ペアは“B面”について確認し合っていた。A面は9太郎の明るい“陽”の面を指し、学生時代にイジメられていた過去など“陰”の面はB面になる。

9太郎 「(横山戦で)B面、ちゃんと出てました?」
晋平太 「出てた。出てたけど、これが回を重ねるごとにもっと出てくるようになるから」
9太郎 「七味(闘争心)を出せるようにしないとと思って」
晋平太 「そうだね。次は七味かもしれない。その部分が見たいかもしれない、そろそろね」

 勢いづく9太郎だが、今回が2ndバトル初戦となる岡野のラップにまずは耳を奪われた。元から上手かったのに、キレが随分良くなっているのだ。リズム感もいいし、韻も上出来。そして、優しい性格の彼にとっては課題だった迫力もかなり増した感がある。ライミングもいいし、何よりアンサーが的確だ。

岡野  「さっきから『スパイス スパイス』言ってるけど
     スパイスは辛いけど スタイルは甘いな」
9太郎 「言わないで 僕のスタイル 身長168cm とっても可愛いじゃんか
     何でスタイルの事 言うのさ
そんな事 何か言われた事あるなと思ったら
     中学校の時のイジメっ子に言われてたから
     言われ慣れてて何にも効かない ぴょこん ぴょこん」
岡野  「イジメ イジメでそんな事 言ってる
     惨めなアンタは ここにはいらない
     強くなったアンタが見たい
     そんなキャラで逃げてちゃダメじゃない?」

 岡野のアンサーがストレートに響いた。「惨めなアンタはここにはいらない 強くなったアンタが見たい」、素晴らしいリリックだ。1stバトルでは見せられなかった熱さがようやく岡野に備わった。ここからが彼の本領発揮か? 結果、Round1は岡野が先取する。ティーチャーの晋平太が9太郎にアドバイスした。

晋平太 「みんな、今まで通りの9ちゃんにちょっと飽きてきちゃったかもしれない」
9太郎 「飽きないでほしい!」
晋平太 「ちょっと、それが如実に審査に出てるから変えていこう」

 ギャラリーは勝手である。我々は飽きるのも早い。芸能界の諸行無常をそのまま表しているかのような熱の冷め方だ。だからこそ、晋平太は「変えていこう」と声を掛けた。B面をもっと前面に押し出ていく作戦である。

9太郎 「グループでの僕の立ち位置
     インディーズ時代は右端 メジャーデビュー後は左端
     端から端への無意味な移動
     だけど 次の曲 僕がセンター」
岡野  「メンバーの中ではセンターかもしんねぇけど
     フリースタイルティーチャー この場ではアンタは恥だ」

 端を恥で返した岡野のアンサーが熱い。それに対して、9太郎のアンサーがどうも弱かった。というか、Round2の彼は言葉が少し詰まり気味になっていた。というわけでこのRoundも岡野が取り、2-0で岡野の勝利!

 正直、1stバトルのときに見られた9太郎の持ち味が、今回は死んでしまった気がする。彼の強みであるポジティブさが、ここに来て影を潜めた。9太郎のポジティブなワードセンスは鎧のような役割を果たしていたし、何を言われても動じない世界観こそが彼の最大の長所だった。とは言え、飽きられているのも事実である。だから、新境地を出す必要がある。それが、つまりB面だった。でも、まだ9太郎の中で消化し切れていない。B面の吐露がうまくいかない。ちょっと混乱しているように見えたのだ。 

 それに比べて岡野は絶好調。即興性と押韻の数で9太郎を圧倒した。ビートに合わせ喋っているだけが常の9太郎だが、この試合における彼のラップはもうほとんどラップじゃなかった。岡野のリズム感と比べると両者のスタイルはあまりにも違い、聴いてるこっちがびっくりだ。

12

『フリースタイルティーチャー』最弱が最強になった!? 急成長の宮里ソルにどんどんイキってほしいのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

もう中学生、ルール無用の「マイルール」

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真