日刊サイゾー トップ > 芸能  > 嵐“再結成”、日テレ炎上、平手イメチェン…週末芸能雑話

嵐の“再結成”そもそも無理?、“ボンビー”ネタの終焉、平手イメチェンは成功か…週末芸能ニュース雑話

文=日刊サイゾー

日テレのバラエティがプチ炎上中

嵐の再結成そもそも無理?、ボンビーネタの終焉、平手イメチェンは成功か…週末芸能ニュース雑話の画像2
Getty Imagesより

記者I 春の番組改編から1カ月、ぼちぼち視聴率なども出揃ってきたタイミングです。そんな中で、視聴率が1~2%台と低迷している『ラヴィット!』がジャニーズを使って早速のテコ入れをするようです。

デスクH とは言っても、番組開始からSnow Manを使っているんだから代わり映えしなさそうなもんだけどね。MCの川島は実力もあるんだから、あとは企画次第な気がするんだけど。時間帯的に若年層を取り込むのは難しいし。

記者I 視聴率が懸念されているのは、人気番組も同じで『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)も海外ロケを行えないなどで企画に陰りが。その結果、裏番組の『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)の後塵を拝する形となり、テコ入れに躍起だとか。

デスクH さすがに番組の功労者であるイモトアヤコを切ったりはしないだろうけど。手越祐也がいなくなったこともあるし、それこそジャニーズの若手から何人か引っ張ってきたりしそう。

記者I 最近、日テレ系のバラエティ番組は企画がプチ炎上しがちですからね。『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)も、唐突な恋愛リアリティ企画がむちゃくちゃ評判悪くって、2時間SPのときの企画も内容に首をかしげざるを得ないものだったとか。

デスクH これ、実は知り合いの甥っ子が恋愛リアリティ企画に出てたんだよ(笑)。もちろん完全にヤラセだって言ってたけどね。しかし、新型コロナが蔓延してもうすぐ一年で、貧困と格差の問題が取り上げられることが多くなってきた中で「貧乏でも」みたいな切り口はさすがに見るのがしんどくなってきていることは否めないよね……。

記者I 貧乏ネタと対極的な『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気企画『ゴチになります!』でも、企画がブレブレになる事態が発生。これはコロナの影響とかと関係なく、キャスティングの問題だった気がしますが。

デスクH 若いアイドルを入れても、別に舌が肥えてないんだろうから値段を推測するのは難しいだろうに、映画の宣伝のために日向坂46の子を呼んできて、割り勘ルールを作ったんでしょ。批判されてもしょうがない(苦笑)。日テレはずっと視聴率絶好調できたから、最近ちょっと調子に乗ってるのかもね。

123

嵐の“再結成”そもそも無理?、“ボンビー”ネタの終焉、平手イメチェンは成功か…週末芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真