日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『大豆田』ED最終回T-Pablowのリリック分析
【短期集中連載】音楽ライターが検証する『大豆田とわ子と三人の元夫』のED評最終回

『大豆田』最終回のED曲、T-Pablowのリリックでより深くわかるラストシーンの意味「型にハマらずとも幸せであり続ける」

文=斎井直史(さいい・なおふみ)

『大豆田』最終回のED曲、T-Pablowのリリックでより深くわかるラストシーンの意味「型にハマらずとも幸せであり続ける」の画像1
フジテレビ『大豆田とわ子と三人の元夫』公式サイトより

『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)のエンディング「Presence」シリーズをレビューする当連載も最終回だ。

 連載スタート前、筆者は正直ドラマ自体にそこまで興味がなかった。しかし、リリックを読み解き、想像以上に曲がドラマの内容を踏まえている事実に気がつくと、急速に物語へ引き込まれた。ストーリーにゴールがなく、テーマも明言はされない『まめ夫』において、エンディング曲の役割は自分にとって非常に大きかった。

 ドラマを見る前は、設定だけを見て「元夫らによる大豆田とわ子争奪戦コメディ」かと予想し、未婚の筆者ですら離婚の扱い方が軽すぎるのではないかと斜に構えていた。

 しかし、作品を見終えて心から思うことは、誰しもがその幸せを尺度で測れないということだ。おそらく大豆田とわ子自身も、最後まで明確な尺度を持っていない。それでも、「あたしの“好き”は……」とはにかみながら語る最終回終盤のセリフには、時代と共に多様化する愛の形の、最小公倍数を学ばせてもらえたように思う。

 ここに至るまで先行きの読めないドラマを、台本が反映された「Presence」から推測して次週に臨むという相乗効果で、あっという間に最終話を迎えてしまった。

 では、ラストを飾った「Presence Ⅴ feat. T-Pablow」を振り返りたい。

 KID FRESINO/BIM/NENE/Daichi Yamamoto、それぞれがとわ子(松たか子)、慎森(岡田将生)、鹿太郎(角田晃広)、八作(松田龍平)を迎え、それぞれの役柄の視点を思わせる曲に仕上がっていた。

 しかし、T-Pablowだけはラップパートを委ねたパートナーであり、松が演じたとわ子の視点を感じさせない。その意味でも5曲を並べると、このVだけは特別だ。また、リリックもまるで物語を遠くから眺めるかのようで、他のラッパーのようにドラマの内容への言及は皆無。では、なぜ彼のラップにエンディングテーマとして違和感がないのか。

 最終回に使用されたVのセカンドヴァースを振り返ろう。

 まず「同じ時間を過ごして/小さな事でジェンガのように崩れる関係ならいらねぇ」。

 この「同じ時間を過ごして」は、結婚生活に置き換えられる。そして過去3度の離婚には理由があるものの、今も元夫たちと日常的に接しているところから、離婚理由は深刻なものではなかったはずだ。それでも互いの自由のために、ひとりで生きていくと決めたとわ子を肯定するラインである。

 続く「未練垂らしいのも/掛けた時間と重ねた愛情/引きずるからだ」。これも元夫に対するとわ子の視点の代弁とも取れるが、筆者にはT-Pablowが、とわ子に精神的な依存すらしている元夫たち(特に鹿太郎と慎森)を、一喝しているように聞こえる。そうさせるのは彼らしい言葉使いだろう。まったくとわ子をイメージさせない。

 例えば、松が部分的にラップをする「Presence I」と比較すると、KID FRESINO自身も「待たせてるかも/一生ものの貴方を」といった女性らしい言葉使い、松に委ねる部分においては、女性が話者であるようなリリックだ。

 口調の違いで言えば、鹿太郎をテーマにしたNENEによる「Presence III」は強気で華のあるNENEのままのラップだが、鹿太郎しか知らないとわ子との出会いを具体的に盛り込んでいるので、否が応でも鹿太郎の曲だとわかる。BIMは天邪鬼なリリックから慎森をイメージさせるし、Daichi Yamamotoは声の印象が八作に近い。しかし、T-PablowはT-Pablowのままなのだ。

 そう確信するところは、特に以下の部分。

「汚れた靴でもお気に入り/自分らしく生きられたらいい/誰かにとって高級品/でもそれは俺に必要じゃない」――このドラマは汚れた靴や高級品とは無関係のストーリーをしている。しかし、T-Pablowの歌詞には頻繁に登場することから、ドラマの主題歌でも貫かれた彼のスタイルを感じる。T-Pablowのラップは、過酷な環境で生まれ育ち、そこを抜け出して成功者となった彼自身の人生を、常にテーマにしている。そのため、貧しさと豊かさの対比させる上で、彼のリリックにはきらびやかな言葉が散見される。そう、「Presence V」での彼は、普段と真逆とすら言える内容をラップしているのだ。

12

『大豆田』最終回のED曲、T-Pablowのリリックでより深くわかるラストシーンの意味「型にハマらずとも幸せであり続ける」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

光浦と大久保、コンビ芸人の時間の積み重ね

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

矢部太郎が振り返る絵本作家の父

 アパートの大家さんとの交流を描き、シリーズ120万部を突破した『大家さんと僕』で、...
写真