日刊サイゾー トップ > ビジネス  > 総務省「2020、ネットショッピング躍進」発表

新型コロナの店舗閉店ラッシュの裏側で…総務省「2020年、ネットショッピングと電子マネー躍進」の影響も?高齢層約20%増加

文=鷲尾香一(わしお・こういち)

新型コロナの店舗閉店ラッシュの裏側で…総務省「2020年、ネットショッピングと電子マネー躍進」の影響も?高齢層約20%増加の画像1
写真/GettyImagesより

 新型コロナウイルスの感染拡大で不要不急の外出禁止、飲食店等への休業要請などが実施されたことにより今、人々の消費行動は大きく変化した。総務省が発表した2020年の家計消費状況調査年報によると、同年にネットショッピングを利用した世帯の割合は、48.8%と約半数に及んだ。

 同年報によれば、2人以上の世帯(以下、すべて2人以上の世帯)でのネットショッピングを利用した世帯の割合は、19年から6%ポイント上昇し、48.8%となり10年前(2010年)の19.7%から29.1%も上昇した。ネットショッピングの利用世帯割合は、12年に20%を超え、17年に30%を超えたが、新型コロナの感染拡大により、利用世帯割合の増加に拍車がかかった。

新型コロナの店舗閉店ラッシュの裏側で…総務省「2020年、ネットショッピングと電子マネー躍進」の影響も?高齢層約20%増加の画像2

 1カ月平均の支出金額1万6339 円と前年比で14.0%も増加した。新型コロナの影響を大きく受けた「旅行関係費」が 3407円から1647円と同51.7%も減少、同様に「チケット」が684円から313円に同 54.2%と大幅な減少となった一方で、「旅行関係費」と「チケット」を除く全ての項目で増加となった。

 特に、「食料」は1986円から3097円、「家電・家具」は1251円から1950円と共に前年比55.9%のという最も高い増加率となった。

 世帯主の年齢階級別には大きな特徴が現れた。前年比では全ての年齢階級で増加となったが、特に70歳以上世帯では、前年比23.4%という大きな増加を示した。

<年齢階層別の利用金額と増加率>
年齢階層 2019年利用額 2020年利用額 増加率
40歳未満 2万1179円 2万4279円 14.6%
40~49歳 2万0417円 2万3606円 15.6%
50~59歳 2万0925円 2万2187円 6.0%
60~69歳 1万3046円 1万5098円 15.7%
70歳以上 6144円 7583円 23.4%

 

 支出のうち最も増加率が高かった「食料」の内訳では、ネット注文により飲食店から提供される宅配に加え、ネット予約で外食した場合も含まれる「出前」が180円から356円に前年比97.8%という“驚異的な”増加率となった。利用金額は2019年から倍増したことになる。次いで「食料品」は1411円から2181円と同 54.6%の増加となった。

 世帯主の年齢階級別では、支出金額と同様に70 歳以上が大きな伸びを示した。

<年齢階層別の食料利用金額と増加率>
年齢階層 2019年利用額 2020年利用額 増加率
40歳未満 3216円 4489円 39.6%
40~49歳 2873円 4496円 56.5%
50~59歳 2604円 3949円 51.7%
60~69歳 1809円 2881円 59.3%
70歳以上 939円 1601円 70.5%

 

 20年にネットショッピングと同様に、大きく利用率を伸ばしたのが「電子マネー」だ。

 電子マネーを保有している世帯の割合は2019年の62.4%から69.2%と前年比で6.8%ポイント上昇した。

 電子マネー保有世帯は10年には36.5%だったが、12年に40%を超え、16年に50%を、19年に60%を超えた。20年には69.2%と70%に近づいており、急速に普及している。

 この背景には、19年10月からの消費税率の引上げに伴うキャッシュレス・ポイント還元事業が後押ししたと考えられている。電子マネーを利用した世帯の割合は、57.5%と前年比4.3%ポイント上昇した。

新型コロナの店舗閉店ラッシュの裏側で…総務省「2020年、ネットショッピングと電子マネー躍進」の影響も?高齢層約20%増加の画像3

 電子マネーの利用世帯を世帯主の年齢階級別では、以下のようになっている。

<年齢階層別の利用金額と増加率>
年齢階層 2019年利用額 2020年利用額 増加率
40歳未満 64.0% 65.9% 1.9%
40~49歳 66.9% 70.3% 3.4%
50~59歳 66.9% 70.9% 6.0%
60~69歳 52.0% 57.4% 5.4%
70歳以上 37.9% 52.0% 3.9%

 

 1カ月平均の電子マネーの利用金額は2万4790円と前年比20.5%の増加となった。2010年に9588円と1万円に満たなかった利用額は、2011年に1万円を超え、2015年に1万⑤000円を超え、さらに、2019年に2万円を超えた。2020年には2万5000円に迫っている。
世帯主の年齢階級別でも全ての年齢階級で2万円を超えた。

新型コロナの店舗閉店ラッシュの裏側で…総務省「2020年、ネットショッピングと電子マネー躍進」の影響も?高齢層約20%増加の画像4

<年齢階層別の利用金額と増加率>
年齢階層 2019年利用額 2020年利用額 増加率
40歳未満 1万7313円 2万1242円 22.7%
40~49歳 1万9823円 2万4213円 22.1%
50~59歳 2万1400円 2万0792円 20.5%
60~69歳 2万3045円 2万6426円 14.7%
70歳以上 1万9084円 2万3976円 25.6%

 

 このように新型コロナは、特に高齢者層でネットショッピングや電子マネーの利用を促進するという現象を引き起こした。

 新型コロナ禍はネット販売を促進し、実店舗販売を衰退させている。新型コロナが収束しても、この傾向に変化はないのだろうか。

鷲尾香一(わしお・こういち)

鷲尾香一(わしお・こういち)

経済ジャーナリスト。元ロイター通信の編集委員。「Forsight」「現代ビジネス」「J-CAST」「週刊金曜日」ほかで執筆中。

記事一覧

Twitter:@tohrusuzuki

最終更新:2021/06/28 07:00

新型コロナの店舗閉店ラッシュの裏側で…総務省「2020年、ネットショッピングと電子マネー躍進」の影響も?高齢層約20%増加のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

渋沢栄一の“放蕩息子”篤二の実像

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真