日刊サイゾー トップ > 芸能  > 中居正広にジャニーズファンは感動の嵐!

中居正広にジャニーズファンは感動の嵐!『音楽の日』で「5人のSexy Zone」を熱望したワケ

文=与良天悟(よら・てんご)

中居正広にジャニーズファンは感動の嵐!『音楽の日』で「5人のSexy Zone」を熱望したワケの画像1
TBS『音楽の日 2021』公式サイトより

 7月17日に生放送された『音楽の日』(TBS系)にて、11年連続で司会を務めた中居正広のトークがジャニーズファンの心を鷲づかみにしたようだ。

 ネット上が盛り上がったのが、Sexy Zoneが登場したときのことだった。

「セクゾはメンバーのマリウス葉が休養中であることから、現在は4人での活動となっています。ファンの間ではこのままマリウスがグループを脱退したり、ジャニーズを退所するのではないかとの心配の声も聞かれていました。普通なら聞きにくいデリケートな部分ですが、中居は『5人のSexy Zone、ゆっくりでもいいから待ってていいんですよね?』と問いかけ、メンバーの菊池風磨が『もちろんです』と力強い答えを引き出していた。中居は『10周年ですから、ゆっくり一歩ずつということで』と期待の言葉をかけてトークを結びましたが、ネット上では『ファンが気になってることをさらっと聞いて安心させてくれたり、やっぱり中居くんの司会は他の人とは違うな~』『また中居くんに私たちファンは救われてる』『中居くんの“ゆっくり”が最高だった』と拍手喝采。中居の気遣いに感動の声が多数寄せられていました」(テレビ誌ライター)

 そんな中居といえば、岩橋玄樹が持病のパニック障害の治療のため、3月いっぱいでKing & Princeを脱退し、ジャニーズ事務所を退所した際にも、「待たせることのほうがプレッシャーになったのかな」と、グループ在籍のまま治療を続けてきた岩橋の境遇を察したコメントをしたことで、この時も後輩想いの姿が称賛されたものだった。

 今回、中居がマリウスを気にかけた発言をしたのにはワケがあるという。スポーツ紙芸能担当記者がこう語る。

「2011年に5人組でデビューしたSexy Zoneですが、故ジャニ―喜多川氏の方針により2014年に突然、年上組の中島健人、菊池風磨、佐藤勝利による3人体制となり、MVでは年少組の松島聡とマリウス葉はバックを務めるジャニーズJr.に紛れるような扱いとなっていました。その3人が出演していた歌番組にジャニーさんの姿を見つけた中居は楽屋に入り、『Sexy Zoneは5人のほうがいいと思う』と、2人きりでジャニーさんを説得。この進言により、2015年末から再びグループは5人体制になっています。しかし、その後2018年に松島が突発性パニック障害の療養のため芸能活動を休止。2020年には松島と入れ替わる形で今度はマリウスが体調不良になり、5人での活動期間は短いものとなってしまった。中居は誰よりも『5人のSexy Zone』を待ち望んでいるため、それが今回の発言に繋がったのでしょう」

 中居はジャニーズ独立後、新しい仕事が増えず、一部では業界内で「オワコン」との見方をされているという厳しい報道も出ていたが、この温かい司会ぶりを見て、テレビ関係者も改めて司会者として「唯一無二」の存在であると感じたのではないだろうか。

与良天悟(よら・てんご)

与良天悟(よら・てんご)

1984年、千葉県出身のウェブメディア編集者。某カルチャー系メディアで音楽や演劇を中心にインタビューなどを担当するほか、フリーで地元千葉県の企業の記事なども請け負っている。

最終更新:2021/07/22 07:00

中居正広にジャニーズファンは感動の嵐!『音楽の日』で「5人のSexy Zone」を熱望したワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

菅義偉首相“五輪強行”の思惑は

今週の注目記事・第1位「台本11冊を入手、開...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真