日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ノブコブ吉村は“傭兵”に最も向かない芸人?

ノブコブ吉村は“傭兵”に最も向かない芸人? 「それすらも盛っちゃってるから、人格すらも」

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

ノブコブ吉村は傭兵に最も向かない芸人? 「それすらも盛っちゃってるから、人格すらも」の画像1
『あちこちオードリー』(テレビ東京系)公式Twitter(@AchikochiAudrey)より

 7月21日放送『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に平成ノブシコブシの2人と、みちょぱこと池田美憂がゲスト出演した。両者ともにこの番組へは2度目の登場だ。

 前回(2019年9月23日)出演時、「天下を獲りたい」という野望を口にしていた吉村。彼は事あるごとに「天下」の2文字を口にする。しかし、令和の芸能界における天下とは何か? が、いまいちよくわからない。MC席に立つタレント以上にパネラー席で気の利いた振る舞いをし、番組を潤滑にする存在のほうが注目され、市井の話題に上ることもザラな現代である。さらに、「昨日はMCだった芸人が今日はひな壇にいる」なんて現象も珍しくないボーダーレスの時代。そこに、天下を論じるほどの厳然たる格が存在するのかは疑問だ。

若林   「どうなったら天下なの?」
吉村   「今で言うと冠番組でキャスティング権もあったりとか」
みちょぱ 「今いるの、そんな人?」
吉村   「いや、(スタッフが)察して仲良い人を呼んでみたりとか」

 吉村の定義を真に受けると、冠番組の『オドぜひ』(日本テレビ系)で、仲が良いという理由だけでTAIGAの特集を3週にわたり組んだオードリーは完全に天下人である。吉村にとっての天下の定義は以下らしい。

若林 「でも、MC番組やってるよね? 特番とか」
吉村 「いやいや、やってないのよ。誰か真ん中にしての進行というか。『吉村崇の~』ではないのね。千鳥さんがいて、その横にいるとか」
若林 「『吉村崇の~』って言ったら、徳井さんすごい笑ってますけど」
徳井 「いや、まず俺がいねえなっていう(笑)」

 天下獲りを願う吉村をゴリゴリえぐるのは、長年苦楽を共にした相方の徳井健太だ。

「弱点は本当そこよ。当たり前のように『吉村崇の~』って言ってる人間性が視聴者にも伝わってるのよ」(徳井)

中堅芸人レースで遅れをとる吉村

「天下」の定義は各々違うが、少なくとも群雄割拠の中堅芸人レースから頭一つ抜けた存在がいる。

若林 「今、天下獲りのライバルはいるの?」
吉村 「色々いますよ。2年前ですと“傭兵”でよく呼ばれていたのは吉村、(バイきんぐ)小峠さん、(ハライチ)澤部、麒麟・川島さんだったんです。で、川島さんがスッと行ったわけです。神様のドラフトがかかって(笑)」

 川島がMCへ転生した要因は、傭兵としていい仕事を重ねてきたからだ。では、吉村の実績はどうか? 中堅芸人レースの現在の戦況を彼はこう分析する。

「(2年前の状況から)パンサーの向井とかも入ってきてきちゃったわけですね。かまいたちが入ってきたり。4人だったものがちょっと増えてきちゃったんで、そこら辺とバチバチやってますね。で、細かく言えば仕事の内容は、僕は小峠さんとほぼ一緒です」(吉村)

 酷なことを言うと、客観視できていない気がする。小峠と吉村を並べると、かなり吉村が遅れをとっているように見える。かまいたちの需要や勢いとは比べるべくもない。澤部もなんだかんだ、『なりゆき街道旅』(フジテレビ系)など冠番組を手にした。

 そんな中、吉村がライバルとして本命視したのは関ジャニ∞の村上信五だった。この自己分析を徳井は評価する。

「俺、それ聞いたとき、すごい見えてるなと思った。村上君はアイドルだし、お笑いをやってきたわけじゃないけど、バラエティ能力長けてるじゃん。で、MCをやったりするじゃん。で、ウチらのコンビはお笑いの大会も出れなかったし、一発芸があるわけでもないけどここまで来れて、それは傭兵として頑張ってきたから。バックボーンは似てると思うの」(徳井)

 バックボーンは確かに似ている。だが、村上はフジテレビの東京2020オリンピックのメインキャスターであり、2019年『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)でMCを務めたタレントである。実績では吉村の遠く及ばない位置にいる。一方の吉村は、忌憚なく言えば勢いにブレーキがかかってきた。彼の現状を端的に表すのは、テレビ番組出演本数ランキングだ。2021年上半期はこんな順位だった。

1位:設楽統(バナナマン)
2位:博多大吉(博多華丸・大吉)
3位:小峠英二(バイきんぐ)
4位:フワちゃん
5位:池田美憂
6位:松尾駿(チョコレートプラネット)
7位:川島明(麒麟)
8位:若林正恭(オードリー)
   春日俊彰(オードリー)
   長田庄平(チョコレートプラネット)

 自分が入っていないランキングを見た吉村は「例年だったら8位とかにつけてるのにしっかり凹んだ」とこぼした。では、昨年の吉村はどうだったのか? 2020年の順位は以下である。

1位:博多大吉(博多華丸・大吉)
2位:設楽統(バナナマン)
3位:立川志らく
4位:若林正恭(オードリー)
5位:林修
6位:春日俊彰(オードリー)
7位:博多華丸(博多華丸・大吉)
8位:粗品
9位:岡田圭右(ますだおかだ)
10位:加藤浩次(極楽とんぼ)

 去年もランキング外なのだ。彼に最も勢いがあったのは、2016年に放送終了した『チューボーですよ!』(TBS系)でアシスタントを務めていた頃だと思う。

12

ノブコブ吉村は“傭兵”に最も向かない芸人? 「それすらも盛っちゃってるから、人格すらも」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

沖縄電子少女彩インタビュー

 2000年8月7日生まれ、20歳という若さでありながら、自身の出身地である沖縄...
写真