日刊サイゾー トップ > 社会  > 大東亜戦争と「コロナ戦」

大東亜戦争と「コロナ戦」教訓はなぜ活かされないのか? また政府の誤解・楽観からくる判断ミスに翻弄される国民

文=日刊サイゾー

大東亜戦争と「コロナ戦」ー教訓はなぜ活かされないのか?ーの画像1
菅義偉(Getty Imagesより)

 今年(2021)は、昭和16年(1941)に日本軍の真珠湾攻撃により、米国との大東亜戦争が始まってから80年目となる。2020年に引き続き、今年も依然として世界は新型コロナウイルスにより翻弄されている。コロナとの戦いは「戦争」である。日本人にはあまりそうした意識はないかもしれないが、世界の指導者は「戦争」と認識していた。

 例えば、フランスのマクロン大統領は新型コロナウイルス感染症との闘いを「これは戦争だ」と表現した。ドイツのメルケル首相も「第2次世界大戦以来最大の危機」との認識を示している。

 一方、我らが日本の指導者はどうか? 安倍晋三元首相は「この戦いは長期戦を覚悟していただく必要がある」、安倍氏の後継となった菅義偉首相も「目に見えないコロナと一日一日戦い抜いてきた」と述べているが、菅政権となってからは緊急事態宣言を発令したり引っ込めたりの繰り返しで、有効な対策を打ち出せていないように思う。

 そもそも、緊急事態宣言を出しているということは、コロナに劣勢をしいられている状態であろう。そして、そのような状態であるにも関わらず、東京五輪は開催された。菅首相は「安心・安全の五輪」を繰り返すばかりで、どういう対策をしているから「安心・安全なのか」、「安心・安全」の大会をどう実現するかの具体的説明はなく、抽象的なものに終始した。

 7月末になると、東京においては、1日の新規感染者数が3000人を超え始める。コロナとの戦いの決め手になると思われるワクチン接種も思うように進んでおらず、予約した人がキャンセルされる、予約中止の事態が生じている。私は、日本政府はコロナとの戦いやワクチン争奪戦にも敗れてきたと認識している。

 それはなぜなのか? 大東亜戦争との比較・類似点を通して見ていきたい。

123

大東亜戦争と「コロナ戦」教訓はなぜ活かされないのか? また政府の誤解・楽観からくる判断ミスに翻弄される国民のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

インパルス板倉、特別インタビュー

「足掻き続けろ、絶望から這い上がるまで──」  そんなキャッチフレーズがつけられた、...
写真