日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 『ドゲンジャーズ』はヒーローの光と影を照らす!?
世界は映画を見ていれば大体わかる#16

九州ローカルからU-NEXTなどで全国拡大!往年の戦隊スタッフが多数参加する『ドゲンジャーズ』はヒーローの光と影を照らす!?

文=しばりやトーマス(しばりや・とーます)

九州ローカルからU-NEXTなどで全国へ拡大中!往年の戦隊ヒーローのスタッフが多数参加する『ドゲンジャーズ』はローカルヒーローの光と影を照らす!?の画像1
『ドゲンジャーズ』公式サイトより

 前回、アメリカのはぐれヒーローもの『ドゥーム・パトロール』を紹介したが、今回は日本のはぐれヒーローものだ。

 日本のヒーローものといえばウルトラマンに仮面ライダーといったところがすぐに思い浮かぶが、『ドゲンジャーズ』はローカルヒーローものだ。

 ローカルヒーローとはデパートの屋上や遊園地などで開催されるヒーローショーの影響を受け、版権ものではないオリジナルのキャラクターを地方企業や商店街、自治体などが作り出して、町おこしなどに利用されるキャラクターだ。と聞くと“ゆるキャラ”が想像されるが、ゆるキャラは可愛らしい(そうではないものもあるけど)外見であればコンセプトなどに拘らないが、ローカルヒーローは「悪の組織と戦い平和を取り戻す」というヒーローもののステレオタイプながら、はっきりとしたモチーフが存在している。

『ドゲンジャーズ』では、福岡のローカルヒーローが一堂に会する。ヒーローたちは福岡の平和を日々守っていたが、博多湾に浮かぶ能古島で行われたリアリティテレビ『HERO HOUSE』(テラスハウスみたいなやつ)の収録後、福岡に帰った彼らを待っていたのはヒーローたちのいない間に悪の秘密結社によって支配され、モヒカンの悪漢たちに蹂躙され修羅の国と化した福岡だった!

テレビ収録で美女を相手にすっかり骨抜きにされたローカルヒーローたちは、悪の秘密結社の怪人たちに手も足も出ない。既婚者だったため収録に参加していなかった薬剤戦師オーガマン(製作主体の大賀薬局がつくったローカルヒーロー。キャッチコピーは「病気になったら、薬飲んで寝ろ!」)の活躍によって事なきを得るが、偶然その場に居合わせてしまったごく普通の青年、田中次郎をかばったためにオーガマンは傷を負い、勇気があると認めた田中に新たなヒーロー、“ルーキー”として戦う力を継承する。単に「幼馴染に会うために福岡にやってきた」だけなのに、福岡を巡る戦いに巻き込まれた田中は本物のヒーローになれるのか?

 本作に登場する“悪の秘密結社”は実在するイベント会社だ。代表取締役社長の笹井浩生氏は学生時代にヒーローショーのアルバイトをした経験から自分でもショーをやりたいと思うようになり、時計店勤務時代にウォッチマンというヒーローを非公認で作ってしまうほどの入れ込みぶりだった。

 そこで独立しイベント会社を作るときにヒーローではなく、悪役の会社をつくってしまうというところが奮っている。笹井氏は「ローカルヒーローはたくさんいるけど、悪の組織はない」というところに目をつけ、悪役専門会社としてスタート。『ドゲンジャーズ』本編にも登場するヤバい仮面、メイド執事、シャベリーマンに修羅王丸は株式会社悪の秘密結社が産んだキャラクター……悪役たちだ。

 本来ヒーローものの悪役たちは正義側に倒されるために存在しているが、本当は悪役の方が主役なのでは?と思わざるを得ない。ヒーローは悪役が起こす悪事に対応することがほとんどで、常に受け身である。ヒーローはレインボーマンみたいに自分の正義に悩むことが多々あるが、悪役の行動には迷いがない。世界征服のために街を爆破し、幼稚園児のバスを襲う。仮面ライダーだってショッカーによってつくられた怪人なのだ。ここからもわかる通り、ヒーローがいて悪がいるのではなく、悪がいるからヒーローが存在するともいえる。

 ヒーロー以上に悪役のキャラが立ちまくっている『ドゲンジャーズ』は、ヒーローものの本質を捉えた傑作だ。

 ローカルヒーロー大集合番組の『ドゲンジャーズ』だが、ただのローカルヒーローものに収まっていないのはスタッフ、役者などに「本職」の人々が関わっているというところだ。

12

九州ローカルからU-NEXTなどで全国拡大!往年の戦隊スタッフが多数参加する『ドゲンジャーズ』はヒーローの光と影を照らす!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

Young Cocoが歌う黒い仕事とポジティブな愛

 2010年代からトレンドとなっているアトランタ発のラップ・ミュージックのスタイル...
写真