日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 赤西仁がYouTubeで亀梨和也に言及!

赤西仁がYouTubeで亀梨和也に言及!「仁亀コンビ」ネタは今でも鉄板とファン歓喜

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

赤西仁がYouTubeで亀梨和也に言及!「仁亀コンビ」ネタは今でも鉄板とファン歓喜の画像1
YouTube公式チェンネル『NO GOOD TV』より

 KAT-TUN・亀梨和也が、10月スタートの新バラエティ番組『一撃解明バラエティ ひと目でわかる‼』(日本テレビ系)にてMCを務めることがわかった。

「バラエティ番組のレギュラーMCを務めるのは今回が初めてとあって、亀梨も『どんな感じになるのか、自分も緊張しながらも楽しみにしています』と期待と不安が混ざっている様子でした。同番組は、世の中の疑問や気になるニュースを1枚の写真やショートムービーで解明していくという内容で、バイオリニストの高嶋ちさ子や、チョコレートプラネットもレギュラー出演するようです。亀梨といえば、くりぃむしちゅー・上田晋也が新型コロナに感染した際、共演していた日テレのスポーツ番組を代役MCとしてしっかり仕切り、評価を上げていました。個性的な共演者をどうやって生かしていくのか、腕の見せどころです」(テレビ誌ライター)

 俳優としてだけでなく、新たなフィールドでも活躍していきそうだ。

 そんななか、元ジャニーズの赤西仁が錦戸亮と立ち上げたYouTube公式チェンネル『NO GOOD TV』にて、亀梨について言及。ファンが大盛り上がりとなっているという。

 8月31日に更新された動画には、ゲストとしてアンジャッシュ・児嶋一哉が登場。動画の冒頭では赤西、錦戸とともに3人がどう呼び合うかという話になったのだが……。

「赤西から『下の名前は何ですか?』と聞かれた児嶋が『下は一哉』と答えたところ、錦戸が『じゃあ、仁は一哉にしよっか』と振りました。すると、赤西は『いや、ちょっと亀梨を彷彿とさせる』と同じ、『カズヤ』である亀梨の名前を出したのです。錦戸は『だからやん』と言い、わざと提案したようですが、児嶋が『亀梨君のこと和也って呼んでないでしょ?』と聞くと、赤西は『亀梨のことはむしろ、名前を呼んだことがあんまない。亀、亀とか呼んでだけど』と振り返っていました」(芸能ライター)

 赤西と亀梨はKAT‐TUNの中でもツートップを張り続け、『仁亀コンビ』と呼ばれてきた。

「今でも2人を特別な関係としてとらえているファンも多く、今回、赤西がYouTubeで亀梨の名前を出したことにファンからは『仁くんの“亀”呼びに涙が出てきた』『カズヤと聞いて亀ちゃんを思い浮かぶ仁くんサイコー』との声が飛び交い、大反響となりました。赤西がジャニーズを離れてから10年以上経っても、ファンが絶対に盛り上がっているのを見ると、この『仁亀コンビ』がいかにすごかったかを改めて認識させられます」(スポーツ紙芸能担当記者)

 歩んでいる道は違っているが、この2人は今なお最強なのかもしれない。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/09/17 13:28

赤西仁がYouTubeで亀梨和也に言及!「仁亀コンビ」ネタは今でも鉄板とファン歓喜のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

格闘夫婦による愛と復讐のストーリー

「愛は平和ではない。愛は戦いである」  梶...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真