日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『関ジャム』欅坂46「サイマジョ」作曲家が語る裏話

『関ジャム』欅坂46「サイレントマジョリティー」作曲家が語る歌メロが低音の理由と、路地裏で苦悩する若者たち

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

欅坂46「サイレントマジョリティー」に隠された仕組み

 バグベアがコンペで勝ち取った楽曲は、欅坂46(現在は櫻坂46に改名済)の「サイレントマジョリティー」だ。文句なしのカッコいい名曲である。かつ、その後の欅坂の路線を決定づけた見事なデビュー曲と評価したい。誰がこの曲を作ったのか気になっていたが、この人たちだったのか。バグベアのこぎみいいは、サイマジョについてこう語っている。

「自分たちが原宿の裏通りが好きで、歩いていると専門学生たちが路地裏にしゃがみこんで苦悩している姿をいつも見てて、『この子たちの苦労はいつか曲にしなきゃいけない』と思っていたんです」

 さらに、「アイドルということは気にせず、耳に残る曲を」というイメージがコンペでは求められていた。だから、かねてから抱えていた“東京のイメージ”を楽曲として形にし、欅坂のデビュー曲は完成した。ちなみに、同曲にはこんな歌詞がある。

「夢を見ることは時には孤独にもなるよ 誰もいない道を進むんだ」

 まさに、バグベアが伝えたいことそのままのメッセージなのだ。作詞を担当したのはもちろん秋元康。でも、「バグベアも実は作詞に関わっているのでは?」と勘繰りたくなるような以心伝心ぶりだ。

 さらに興味深いのは、歌メロである。アイドルのデビュー曲に似つかわしくない低音。“苦悩する若者”を表現すべく、あえてこうしたらしい。この辺も奇跡的だと思う。結果論だが、当時センターを務めていた平手友梨奈のイメージとあまりにも噛み合っている。

サイマジョについて、こぎみいいは『関ジャム』放送中にこんなツイートを発信した。

 ならば、その詳細は次回にじっくり聞きたい。サイマジョはもちろん、彼らが手掛けた欅坂46「不協和音」の解説もだ。香港の民主活動家・周庭に影響を与え、海を越えて評価を獲得した1曲が「不協和音」なのだ。

123

『関ジャム』欅坂46「サイレントマジョリティー」作曲家が語る歌メロが低音の理由と、路地裏で苦悩する若者たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

渋沢栄一の“放蕩息子”篤二の実像

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

火将ロシエル2020年のコスプレイヤー

 2020年のグラビアはコスプレイヤーの躍進が目立った年だった。えなこ、桃月なしこ、...
写真