日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 米倉涼子『ドクターX』“脱オスカー”で船出!

米倉涼子『ドクターX』新シーズン、定番の秘書役も“脱オスカー”で船出!

米倉涼子『ドクターX』新シーズン、定番の秘書役も脱オスカーで船出!の画像1
米倉涼子

 2年ぶりに放送される米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)のシーズン7が10月14日にスタートするが、ほぼ“脱オスカープロモーション”で制作されることになった。

 もともと同ドラマは、同局と芸能事務所オスカープロモーションの古賀誠一会長との企画でつくられた作品で、「企画協力」として古賀会長の名がクレジットされ、オスカーにも協力費が拠出されていた。しかし、昨年3月いっぱいで米倉が同事務所を退社し、独立。今回、米倉が同局の熱烈ラブコールに応えて、『ドクターX』が復活することになったが、業界的に注目を集めていたのが古巣オスカーとの兼ね合いだった。

「古賀会長とテレ朝との話し合いで、円満とはいかないまでも解決ができて、シーズン7では、『企画協力』をしていた古賀会長の名がついに消えました。これで『ドクターX』とオスカーは、表向きは無関係となりました」(スポーツ紙記者)

 それだけではない。これまでシーズン1から院長や外科部長の秘書役は、オスカーからバーターで出演する女優が務めるのが定番。林丹丹、笛木優子、内藤理沙、田中道子、是永瞳、河北麻友子がそのメンバーだった。しかしシーズン7では、舞台となる東帝大学病院の外科分院長・蛭間重勝(西田敏行)の秘書役をスペースクラフト・エージェンシー所属の結城モエが演じることになり、おおむねオスカーの呪縛から解き放たれたように見える。

「元来、米倉は自身の作品の秘書役に事務所の後輩女優がバーターで送り込まれることに不快感を覚えていたといいます。今回、秘書役が“脱オスカー”できたことで、ホッと胸をなで下ろしているようです」(同)

 とはいえ、今シーズンでは、オスカー所属の宮本茉由が研修医役でねじ込まれている。ただし、メインキャストではないだけに、この程度は許容範囲なのだろう。このように、シーズン7は“オスカー色”を限りなく排除した形で制作されることに。新体制となる『ドクターX』もこれまで通りの高視聴率をキープして、米倉はその健在ぶりを示すことができるか?

最終更新:2021/10/01 16:09
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志のルーツ

今週の注目記事・1「総力取材 尼崎~心斎橋~...…
写真
イチオシ記事

マユリカ・阪本に『ラヴィット!』震撼

 今やバラエティに引っ張りだこの人気芸人・マユリカだが、そんなマユリカの頭脳である阪本が20日、出演していた『ラヴィット!』(TBS系)でスタジオ...…
写真