日刊サイゾー トップ > 社会  > 小室圭氏、疑問が残るスキャンダル対応への失敗

小室圭氏、めでたいご成婚の裏で疑問が残るスキャンダル対応への失敗

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

小室圭氏、めでたいご成婚の裏で疑問が残るスキャンダル対応への失敗の画像1
サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ 眞子さま 佳子さま 悠仁さま 秋篠宮家の育み』より

 秋篠宮家の長女・眞子さまと10月26日に結婚する小室圭氏。近日中にも2人そろって記者会見が行われるとマスコミが騒いでいるが、裏側がバタバタしているという。

 そもそも数年前から婚約、結婚の話題が上がっていたのにも関わらず2人がなかなか結婚できなかった一因には、小室氏の親族スキャンダルが大きく影響していたことに疑いはない。

「当時はどう考えても宮内庁サイドがリークしないとでてこないような情報が週刊誌上で踊り、完全に結婚を破談にしようとする勢力があったのは間違いない」(テレビ局宮内庁担当デスク)

 だが、小室氏がアメリカで司法試験に合格、さらに現地で就業できるめどが立ったことから風向きが変わったようだ。9月27日に帰国し、ようやく準備を整えられることとなった。だが、疑問が残るのは何度も小室氏の母親をめぐるスキャンダルについて弁明できる機会があったのにも関わらず、それをしてこなかったことだろう。

 周知のとおり、これまで小室氏側は代理人が文書の形で心境などについて発表することはあったが、自らの口で説明したりすることはなかった。

「一説には代理人がストップをかけていたとの情報があります。小室氏がスキャンダル対応に慣れていない代理人を雇ったのがそもそもの原因のようですが、混乱に拍車をかけてしまった。結果、あらぬ形で報道されることにもつながりました。そこは完全に、失敗といってもいいでしょう。質問を限定するなり、事前に募るなりしてちゃんと発信することをしていればここまで結婚が長引くこともなかったでしょうし、トラブルメーカーと冷ややかな視線を送られることもなかったと考えられます」(同)

 紆余曲折を経てようやく、公の場で夫婦そろっての会見までこぎつけることができたのはめでたいのだが、真子さま側にはまだ心配事があるようだ。

「結婚を機に、小室氏の母が再び夫婦に対して金を無心することを宮内庁サイドは警戒しています。1億円を超える一時金を辞退した背景には、国民感情とは別にこうした無用なトラブルが起きないよう、けん制する構えもあるといいます」

 困難があっても2人が幸せに暮らすことができれば何よりだが海外で暮らすとはいえ今後、ことあるごとにさまざまな形で注目されることは避けられないだろう。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/10/06 20:00

小室圭氏、めでたいご成婚の裏で疑問が残るスキャンダル対応への失敗のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

勢いと笑いのセンスをこなす

 連載の作品選びを自由にさせて頂いてから、人...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真