日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 「クズ芸人」実はクレバー?

「クズ芸人」実はクレバー? ウエストランド井口、鬼越坂井が大演説「俺はもう『クズセレブ』って呼んでます」

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

「クズ芸人」実はクレバー? ウエストランド井口、鬼越坂井が大演説「俺はもう『クズセレブ』って呼んでます」の画像1
フジテレビ公式Twitter(@fujitv)より

 当然ながら、芸能界には時代時代で流行がある。Jリーグ黎明期は「サッカー好き」を掲げるタレントが多かったし、今で言えば「キャンプ好き」を宣言する芸人をやたらと目にする。

 不思議なのは、それぞれが必ずしもライバルにならないところ。限られた座席を奪い合うこともあれば、はたまた守り合うことだってある。類似タレント内に互助会的な見えない組合が自然とでき上がるのは不思議だ。

そして今、密かに世を席巻しているのが「クズ芸人」である。

クズ芸人による鉄壁のフォーメーション

「バラエティ番組はチームプレー」とは以前より言われる金言だが、フェーズが変わってきたのか、それともこれも一種のキャッチボールだったか? 10月2日放送『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に出演したのは、岡野陽一、山添寛(相席スタート)、鈴木もぐら(空気階段)、酒井貴士(ザ・マミィ)、井口浩之(ウエストランド)らであった。

 今、よく見る顔ぶれだ。みんな、ノリにノっている。岡野も山添も最近はキレキレだし、もぐらと酒井に関しては『向上委員会』放送直前の『キングオブコント2021』(TBS系)で優勝を争った時の人だ。彼らには共通項がある。みんな、クズ芸人なのだ。

 この面子が揃うだけで安心感がある。もはや、鉄壁のフォーメーション。でも、この日は1人だけイレギュラーな存在が混じっていた。井口だ。

 まず、もぐらが酒井に矛先を向けた。「クズのくせに人から尊敬されようとラップを覚え始めた」と、ダメを出したのだ。この舌鋒には優しさを感じる。「同じ仲間なのに何を迷っているんだ?」という檄にも受け取れるからだ。というか、当のもぐら自身も『フリースタイルティーチャー』(テレビ朝日系)に出演していたはず。つまり、チームプレーである。

 続いて、酒井を口撃したのは井口。実はこの日、彼一人だけ体温が違った。

「酒井はクズエピソードが激弱なんですよ。こいつは小金が欲しいだけでクズに寄ってって、ちょっとクズの仕事があると『これで稼げそうだ。何ならモテるかも』でやってるだけなんですよ」
「この前、Twitter見たら『今日は朝起きたらクズ仕事です』、クズは朝起きないからおかしいだろ! 結局、岡野さんとかもぐらみたいなのを見て上辺だけさらってやっちゃうから。それがよくないんですよ。そこで浅くやってるんですよ、目先の笑いだけ取って。それが1番良くないところだから。コントにも出るぞ、絶対に!」(井口)

 キングオブコント準優勝者に「お笑いができていない」とダメ出しをする井口。どうにも不思議な構図だが、立場ある者が叩いたら途端に生々しくなるのでポジショニングは逆に正解である。

12

「クズ芸人」実はクレバー? ウエストランド井口、鬼越坂井が大演説「俺はもう『クズセレブ』って呼んでます」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

映画監督・清水崇が語る最近のホラー映画

新作『忌怪島/きかいじま』の公開が控える映画監督・清水崇が世界を席巻するA24ほか、最近のホラー映画を語る!
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

のん、地上波復帰の陰に…

 民放テレビ界から干され続けている女優・のん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真