日刊サイゾー トップ > エンタメ  > “在野の論考”こそ面白い歴史雑誌の世界
歴史雑誌のディープな世界【1】

“在野の論考”こそ面白い!! ディープな歴史雑誌の世界

文=里中高志(さとなか・たかし)

――歴史ファン以外にはあまりなじみがないかもしれないが、実は幅広いテーマを扱う歴史雑誌の数々。これらの雑誌こそ歴史研究を下支えしているのだが、歴史ファン向けと歴史研究者向けの雑誌では、お互いの間に溝があるという話も……。ここではそんな歴史雑誌の世界をのぞいてみたい。(「月刊サイゾー」2021年9月号より転載)

在野の論考こそ面白い!! ディープな歴史雑誌の世界の画像1
今回、取材に協力頂いた「歴史研究」(戎光祥出版)と「歴史街道」(PHP研究所)。独自性のある企画で歴史を多角的に捉える特集が散見できる。

 今回、取材に協力頂いた「歴史研究」(戎光祥出版)と「歴史街道」(PHP研究所)。独自性のある企画で歴史を多角的に捉える特集が散見できる。

「歴史街道」(PHP研究所)、「歴史研究」(戎光祥出版)、「歴史群像」(ワン・パブリッシング)、「歴史人」(ABCアーク)、「歴史評論」(歴史科学協議会)……。「歴史」と名の付く雑誌は、実は結構ある。日本史特集である今回は、外野にはなかなかうかがい知れない歴史雑誌の世界について、現場の編集者に聞くとともに、歴史学者にとって歴史雑誌はどういう存在なのかも深掘りしてみたい。

「『歴史街道』の創刊は1988年。弊社の初代所長であった松下幸之助(パナソニック創業者)が、当時『世界を考える京都座会』という各界の有識者の集まりを主宰していました。伊勢から奈良、京都、大阪、神戸にかけてを『歴史街道』としてひとつなぎにして、国内外に発信していこうという構想を立ち上げ、そこから派生したのが『歴史街道』という月刊誌です」

 そう話すのは、「歴史街道」編集長の大山耕介氏。同誌が創刊した当時は、「歴史読本」(新人物往来社)、「歴史と旅」(秋田書店)という月刊誌があり、その2誌との差別化を図るため、歴史を単に知識としてではなく、雑誌のキャッチフレーズである「時代を見抜く座標軸」として活用しようということをコンセプトに掲げた。先の2誌はすでに休刊し、「歴史街道」は歴史雑誌の最古参となっている。

 2021年8月号は400号記念ということで、第一特集として「日本史と世界史の転換点(ターニングポイント)」、第二特集では、忍びの国として知られる伊賀が織田信長の次男・信雄の軍を撃退した「天正伊賀の乱」を扱っている。かなりの歴史好きでないとなじみがなさそうな題材だが、忍者と関連したテーマは人気があるという。ほかに歴史好きで知られる乃木坂46の山崎怜奈や『東大王』で人気になったクイズ王の伊沢拓司のインタビューもあり、若い読者にも目配りしており、10年ほど前の歴女ブーム以降は女性の読者も増えているという。

「一番人気で頻繁に取り上げるのは、やはり戦国時代。あとは幕末と、最近は太平洋戦争関連も増えてきました。令和になって昭和も“歴史”としてとらえられるようになったということかもしれません。私が編集長となって以降で一番“最近”を扱った特集は、東京裁判と朝鮮戦争ですね。もちろん新しい大河ドラマが始まる時期には、題材となる人物の特集も定番です。これまでは近代の経済人は反応が悪かったのですが、渋沢栄一の特集はかなり売れ行きがよかったです」(同)

 対象読者だが、歴史ファンはもちろんのこと、中高生にも読めるようにルビもかなり振っており、10代の読者も結構いるという。

「特集は毎月6人の編集部員が中心となって決めるのですが、編集部員の中には、それほど歴史好きではなかった者もいます。けれど、意外とそうした人のほうが、歴史にどっぷり浸かってきた人間が思いつかない、新鮮な企画案を出してくることもあるんです」(同)

 現在発売中の最新号では、「日中戦争・失敗の本質」という特集を組んでいるが、東京五輪のタイミングで新型コロナの感染が最悪の状況に陥る中、ツイッターなどでは、太平洋戦争を止められなかったかつての日本と重ね合わせる意見も多かった。その意味では、タイムリーな特集にも思えるが……。

「今回の特集は、日中戦争により、1940年に予定されていた東京オリンピックが中止になった、ということも意識して設定しました。これまで太平洋戦争の特集は何度もしてきましたが、日中戦争からの流れをきちんとまとめられていなかったという反省があったので、そこを検証したかった面もあります」(同)

 コロナ禍でいえば、江戸時代に疫病がはやったときの対策に関する記事を同誌が掲載したこともある。歴史雑誌が提供できる情報としては「困難な時代においてリーダーはどうあるべきか、ということは歴史から学べるのでは」と大山氏は語るが、まともなリーダーシップを示せない今の政治家たちにこそ、歴史雑誌でも読んで歴史に学んでほしいものである。

123

“在野の論考”こそ面白い!! ディープな歴史雑誌の世界のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

渋沢栄一の“放蕩息子”篤二の実像

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

田中雄士、遅咲きヒーローのヒップホップという表現方法

──キックボクシングで世界を制覇し、実業家としても成功を収める男が次に着手したビジネスは...
写真