日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 高市早苗「ウルトラタカ派」が総理?

高市早苗「天皇陛下の政治利用とウルトラタカ派」が総理? 当然、岸田文雄総理を応援したくなる

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

立憲民主代表候補、小川淳也の手腕は?

 今回の衆院選、大物は何人も落ちたが、与党が勝ち、自民党の補完勢力といわれる日本維新の会を入れると3分の2を超えた。

 一方の立憲民主党は、野党共闘はそこそこうまくいったのに、自党が大幅に議席を減らし、枝野代表が辞任することに。

 共産党嫌いの連合は、それみたことかと野党共闘に終焉を告げるが、結論を出すのはまだ早い。

 ポスト枝野を総力戦で闘って、新生立憲民主党として出直し、昨夏にある参院選に取り組めば、息を吹き返すことも可能だ。

 その場合、共産党との共闘をやるのかやらないのかハッキリさせなければ、衆院選の二の舞になる。

 新しい立憲民主党の顔として期待されるのが、香川1区で前デジタル相である平井卓也を破った小川淳也だろう。

 大島渚の次男・新が撮った映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』で知名度を上げ、ポスト枝野に最初に名乗りを上げた。

 特に若者たちの支持が多い点が頼もしい。

 だが、小さな所帯だからこそ、派閥争いは激しく陰湿である。それに、小沢一郎や菅直人などの年寄りが幅を利かせている。

 代表になったとしても、小川だけが浮いてしまわないか。

 相当なリーダーシップと強力な実行力が求められる。小川がどこまでやれるか、楽しみに見てみたい。

 さて、文春で金銭問題を報じられた甘利だったが、「いかなる誹謗中傷にも負けません」と連呼したが虚しかった。

 もはや永田町で息を吹き返すのは至難だろう。

 幹事長に高市を推し込みたかった安倍晋三元総理は、「高市にしておけばよかったのに」と愚痴っているという。

 衆院選で負けなかった岸田総理は自信を深め、自派拡大を狙えば、追い落とされて隅っこに追いやられた菅、石破、小泉、河野らが、二階俊博を巻き込んで新派閥形成の動きがあるといわれる。

 自民党という党は昔から、外からの強風には強いが、内から崩れていく。岸田が力を持ち始め、安倍がそれを倒そうと動き、他派閥がその隙を窺う。

 かつて田中曽根内閣と陰口を聞かれた中曽根は、田中角栄が病に倒れたことで、自前の権力を握り、安定した政権運営をした。

 岸田も、安倍には持病があるからと変な期待をしているかもしれないが、敵は安倍だけではない。

 群雄割拠といえば聞こえがいいが、団栗の背比べ。誰に替わっても同じだが、当人たちはそんな自覚はないから始末が悪い。

 政治になど期待はしていないが、誰か一人ぐらい、国民のほうを向いて語る政治家は出てこないものか。

 さて、お次は毎度おなじみの小室眞子と圭夫婦の話である。

 驚天動地とまではいわないが、ほぼ確実、絶対大丈夫だと考えられていた小室圭の司法試験だったが、発表されたら「不合格」だったのである。

 なかなか進展しなかった二人の結婚が動き出したのは、小室圭がニューヨークの司法試験を受けて、合格ほぼ間違いないと見られたことと、ニューヨークの大手法律事務所に就職が決まったからだった。

 現在はロークラーク(法務助手)として年収600~700万程度だが、弁護士になれば2000万以上に跳ね上がるといわれる。

 小室の母親・佳代の金銭トラブルの解決と経済的な自立を求めていた秋篠宮だったが、ひとまず経済的な自立の見通しがたったことで、結婚へGOサインを出した。

 だが、二人の記者会見から4日後に「小室圭不合格」が判明し、大前提が崩れてしまったのである。

 眞子さんの結婚相手として不信感を持っていた人の多くも、司法試験合格は規定事実だと考えていたはずである。

 疑い深い週刊誌でさえ、私の読んだ限り、この結果を予想したところはなかった。

 なぜなら、小室圭が通っていたフォーダム大での成績は極めて優秀だと、繰り返し報じられていたからだ。

 3年前に入学した際、新入生の中で1人だけ学費全額免除の奨学金を付与され、フォーダム大のHPに彼のインタビューが掲載され、ニューヨーク州弁護士会の学生論文コンペで優勝している。

 授業中も熱心に質問し、終わった後も教師に食い下がり疑問点を問い質しているといわれていた。

12345678

高市早苗「天皇陛下の政治利用とウルトラタカ派」が総理? 当然、岸田文雄総理を応援したくなるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

"おひとりさま"にやさしい7人組・BOCCHI。

 デビューライブには100人のファンが集まったのに、次のライブの物販に並んだのは4人...
写真