日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 高市早苗「ウルトラタカ派」が総理?

高市早苗「天皇陛下の政治利用とウルトラタカ派」が総理? 当然、岸田文雄総理を応援したくなる

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

【巻末付録】

 まずは現代から。

「雑誌『性生活報告』の40年-これが日本人の正確な生活史だ」
「有森也実、衝撃の未公開ショット-19年ぶりの写真集が話題騒然」
「天木じゅん、Iカップの誘惑-日本のみならず、中国でも大人気!」
「山岸逢花、地方局アナがヘアを見せた!-東海ではおなじみの彼女」
袋とじは「草野綾、現役アイドルの初ヘアヌード-グラビア界の超有名メロンカップ」

 お次はポスト。
 巻頭で 「生誕75周年スペシャル企画 大原麗子と旅にゆく」
「名古屋No.1女子アナ 望月聡子」

 再び大原麗子生誕75周年秘蔵写真公開。しかも袋とじ「ずっと愛していたい女 大原麗子」
「高宮まり 岡田紗佳 Gカップ『プロ雀士』の“W役満ボディ”が1年ぶりに帰ってきた」
「山田愛奈 よそ見なんてしないで」

 大原麗子はいいね! 私は現代のほうのカットが好きだな。

 ヌードではないけど、名古屋No.1女子アナ 望月聡子がいいね。名古屋においておくのはもったいないなんていったら、名古屋の人に怒られるだろうが。

 というわけで今週は引き分け。

 

 

元木昌彦(もとき・まさひこ)

元木昌彦(もとき・まさひこ)

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"。

サイト:記事一覧

最終更新:2021/11/09 21:00
12345678

高市早苗「天皇陛下の政治利用とウルトラタカ派」が総理? 当然、岸田文雄総理を応援したくなるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真