日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 「国策」が育てたドーナツとカニとカクテルとポテチ
稲田豊史の「さよならシネマ 〜この映画のココだけ言いたい〜」

『ドーナツキング』――「国策」が育てたドーナツとカニとカクテルとポテチ

文=稲田豊史(いなだ・とよし)

テッド・ノイはリアルゴッドファーザー!?

『ドーナツキング』――「国策」が育てたドーナツとカニとカクテルとポテチの画像3
© 2020- TDK Documentary, LLC. All Rights Reserved.

 閑話休題。アメリカでドーナツ店を繁盛させたテッド・ノイだが、その後アメリカはカンボジア内戦やクメール・ルージュ率いるポル・ポトの独裁で大量に発生した難民を、これまた国策として受け入れる。テッドはこうしてカンボジアから続々とやって来た同胞たちにビジネスを手ほどきし、一大チェーンを築きあげてアメリカンドリームを手にした。

 どこかで聞いたことのある話だ。そう、『ゴッドファーザー』である。

 やむにやまれぬ事情によってシチリアを追われた少年ヴィトーが単身アメリカに渡り、そこで小さなオリーブオイル輸入事業会社を開業。やがて地域の顔となり、同胞のイタリア系をまとめあげてマフィアの一大勢力に成り上がる。『ゴッドファーザー PART II』で描かれたドン・コルレオーネの生い立ちだ。

 『ゴッドファーザー』三部作には、コルレオーネ一家の栄光だけでなく力を失いつつある過程まで描かれているが、実は『ドーナツキング』のテッド・ノイも同様の過程を綺麗になぞっている。

 なお『ゴッドファーザー』1作目の最初のセリフは、イタリア系の葬儀屋が発した「アメリカはいい国です」だ。原語では「I believe in America(アメリカという国を信じています)」だが、ここには移民にもチャンスがある素晴らしい国であるというニュアンスが含まれている。少なくとも、1作目の舞台だった1945年当時においては。

 翻って日本。いつか我が国が難民や移民を大量受け入れし、「I believe in Japan」と言われる日は来るのだろうか。ちなみに『ゴッドファーザー PartⅢ』のラストではヴィトーの息子マイケルが老いさらばえて孤独に生涯を終えるが、『ドーナツキング』では存命のテッド・ノイ翁が満面の笑みでドーナツを頬張っている。実に味わい深い対比。日本の行く末はどちらだろう?

 

『ドーナツキング』
11月12日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開
© 2020- TDK Documentary, LLC. All Rights Reserved.

 

 

稲田豊史(いなだ・とよし)

稲田豊史(いなだ・とよし)

編集者/ライター。キネマ旬報社を経てフリー。著書に『「こち亀」社会論 超一級の文化史料を読み解く』(イースト・プレス)、『ぼくたちの離婚』(角川新書)、『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』(PLANETS)、『セーラームーン世代の社会論』(すばる舎リンケージ)がある。

最終更新:2021/11/13 06:00
12

『ドーナツキング』――「国策」が育てたドーナツとカニとカクテルとポテチのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンの...…
写真
インタビュー

田中雄士、遅咲きヒーローのヒップホップという表現方法

──キックボクシングで世界を制覇し、実業家としても成功を収める男が次に着手したビジネスは...
写真