日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > ホラー映画史上もっとも面白い『マリグナント』

『マリグナント 狂暴な悪夢』が「ホラー映画史上もっとも面白い」と断言できる理由

文=ヒナタカ

親友のリー・ワネル監督の「らしさ」も?

『マリグナント 狂暴な悪夢』が「ホラー映画史上もっとも面白い」と断言できる理由の画像3
C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 ジェームズ・ワン監督とよくタッグを組む作家に、その大学時代からの親友で俳優としても活躍するリー・ワネルがいる。彼が監督・脚本を手がけた映画もまた高い評価を受けており、本作『マリグナント』と似た魅力があったので、簡単に紹介しておこう。

 『アップグレード』(2018)は、妻を失い四肢麻痺になった男が、極秘AIチップを埋め込まれ復讐殺人マシーンになるという内容だ。それだけならB級っぽさを感じる題材だが、95分の間にSF・アクション・ドラマ・グロありショッキング描写など、この手の映画に求められることがギュッと詰まっているのでとにかく面白い。

 『透明人間』(2020)は、ホラーでは古典と言える透明人間を、主人公ではなく恐怖の対象として、それも夫からDVを受けている女性の視点から描いたことが画期的な作品だった。襲撃シーンを大胆なカメラワークで「魅せて」くれるので、単純にハラハラできるサスペンスとしても完成度が高い。『マリグナント』とはDV夫のおぞましさやあさましさが描かれていることも共通している。

 今回の『マリグナント』ではリー・ワネルは関わっていないが、圧倒的なエンタメ性やサスペンスでハラハラさせる工夫の数々は、かなりジェームズ・ワン監督の作家性に似ており、だからこそ彼らは『ソウ』などで相性の良さを最大限に発揮できたのだと再認識できた。

 実はそれ以外にも、『アップグレード』および『透明人間』と、『マリグナント』には共通点があるのだが、それもまたネタバレになるので書けないのが苦しい。とにかく、それだけのネタバレ厳禁の面白い要素がある、ということは改めて断言しておこう。ぜひ、劇場で楽しんでほしい。

『マリグナント 狂暴な悪夢』が「ホラー映画史上もっとも面白い」と断言できる理由の画像4

『マリグナント 狂暴な悪夢』
11月12日(金)日本公開
公式HP:malignant.jp
出演:アナベル・ウォーリス(『アナベル 死霊人形の誕生』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)
製作/監督/原案:ジェームズ・ワン『ソウ』シリーズ、『死霊館』シリーズ、『ワイルド・スピード SKY MISSION』監督、『アクアマン』監督)
原題:MALIGNANT
レイティング:R18+
配給:ワーナー・ブラザース映画
C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

ヒナタカ

ヒナタカ

WEB媒体を中心にオールジャンルの映画を紹介・解説する雑食系映画ライター。「bizSPA!フレッシュ」「ねとらぼ」「Cienams PLUS」などで執筆中。おすすめは「ハウルの動く城」「天気の子」で検索すると1ページ目に出てくる解説記事。

Twitter:@HinatakaJeF

最終更新:2021/11/13 13:00
123

『マリグナント 狂暴な悪夢』が「ホラー映画史上もっとも面白い」と断言できる理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

般若、ドキュメンタリー映画を語る

 般若。その名に恥じぬ気迫とキャリアを積み上げてきたラッパーは、人のマイクを勝手に奪...
写真