日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > 『死霊館』最新作が『セブン』的なホラーになった理由

『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』が実話を『セブン』のように描くホラー映画になった理由

文=ヒナタカ

『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』が実話を『セブン』のように描くホラー映画になった理由の画像1
C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 2021年10月1日より、映画『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』が公開される。

 本作は「死霊館ユニバース」の第8作目。つまり、スーパーヒーロー映画のような「同一の世界観の共有」をホラーでやってのけているシリーズだ。とはいえ、ストーリーの連続性は比較的控えめであるため、今回も含めそれぞれが単体の作品として、予備知識がなくても楽しめる内容になっている。

 今回の目玉の1つが、『死霊館』(13)と『死霊館 エンフィールド事件』(13)に続いて「実話」を扱っていることだろう。例えば、劇中のエド&ロレイン・ウォーレンは実在のアメリカの心霊研究家夫妻であり、死霊館ユニバースで大きくフィーチャーされることが多い「アナベル人形」も(映画とはかなり見た目が違うが)実在している。

 今回はそれらに加えてシリーズの新機軸も打ち出した、娯楽性抜群のホラー映画に仕上がっていた。さらなる具体的な魅力を紹介していこう。

実際の殺人事件をモチーフとした娯楽ホラー

『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』が実話を『セブン』のように描くホラー映画になった理由の画像2
C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 本作のあらすじはこうだ。1981年、心霊研究家のウォーレン夫妻は、11歳の少年デイビッドの悪魔祓いに立ち会う。その悪魔は強大なパワーを秘めており、夫のエドが重傷を負うが、なんとか退けることに成功した……かに思えたが、ほどなくして衝撃的な事件が起こる。そのデイビッドの姉の恋人であるアーニーが、家主を刃物で22回も刺して殺害したのだ。逮捕され裁判にかけられたアーニーは、それをデイビッドから取り憑いた「悪魔のせい」だと語る。

 実際の「アーニー・ジョンソン事件」は、当時に全米を震撼させたセンセーショナルな話題であり、アメリカの裁判所において初めて悪魔憑依が弁護に使われた殺人事件でもあった。今回の映画化に当たって大きなきっかけを与えたのが、当のアーニーの前に悪魔が取り憑いた、少年デイビッドの存在だったという。

 映画の物語は、その少年デイビッドに呪いをかけた(悪魔に取り憑かせた)のは誰か?という謎を解き明かすミステリーの側面が大きい。それ以上に目立つのは、大小さまざまな「怖がらせ方」だ。

 それは大きな音や画で驚かせるという「ジャンプスケア」と呼ばれるホラーでは定番の演出であるが、この死霊館ユニバースではそれぞれの恐怖シーンのアイデアがバラエティ豊かで、「来るぞ来るぞ……!」と思わせておいて絶妙なところでタイミングをズラすといった良い意味で意地悪なテクニックも上手いので、全く飽きることはない。今回は特に「ウォーターベッド」を利用した怖がらせ方に「その手があったか!」と嬉しくなるホラー映画ファンも多いのではないか。

 ただ、実際のセンセーショナルな事件をモチーフにしているものの、「法廷もの」らしいシーンはごく少ない。「悪魔憑依をどう論理的に弁護するか」というドラマではなく、基本的には「さまざまな驚かせ方をする娯楽ホラー」を期待したほうがいいだろう。それでも悪魔憑依の弁護については現実的な観点からの興味深い会話もあり、特に「裁判では聖書を参考にしていることもある。法廷で神を認めるのであれば、悪魔の存在もそろそろ認めてもいいくらいだ」と語る様は面白い。

123

『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』が実話を『セブン』のように描くホラー映画になった理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

ハライチ・岩井、スピッツを熱弁

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(2)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 新生UWFの蹉跌とその後の苦衷から抜け出し、よう...
写真