日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 森田芳光監督『それから』

松田優作と藤谷美和子が指1つ触れず甘美な関係を魅せる森田芳光監督『それから』

文=宮下かな子(みやした・かなこ)

[入稿済]松田優作と藤谷美和子が指1つ触れず絶妙な関係を魅せる森田芳光監督『それから』の画像1
イラスト/宮下かな子

 みなさんこんばんは、宮下かな子です。

 比較的暖かい日が続いていますが、そろそろと冬の足音が聞こえてきます。日没時間が早くなり、5時のチャイムが鳴る頃には空が暗くなっているので、夕方意味もなく焦ってしまう今日この頃です。

 さて、先日のおうち時間、録り溜めしていた『ボクらの時代』(フジテレビ)を観ていたのですが、鈴木京香さん、高橋克己さん、江口のりこさんがゲストで出演されている回がとても印象的でした。

 江口さんは、バイトは絶対にやらないと決めていたそうですが、お金なくなるなぁというタイミングでCMに受かったり「そういう運を感じる時あるよね」と。多忙な今もそうでない昔も、心情や行動に変化はないと言い、「自分が望んでる望んでないではなく、勝手に決められてる感じがする。流れに身を任せている部分がある」と仰っていました。それに加えて鈴木さんが「今与えてもらったことをやること、ですよね。意思を持って流れていく感じ。」と。

 以前、私がよく相談に乗って頂く大先輩にも「自分が楽しいと思うほうへ流れていきなさい」と言われたことがあるのですが、ここでもベテランの先輩方が同じ事を仰っていて、とても感慨深かったです。鈴木さんが「〝意思を持って〟流れていく」と強調していたのですが、ただ〝流れる〟ではダメなんですよね。そこも重要なことだと思いました。

 私は今、意思を持って流れているかなぁ。そんなことを考えながらこの番組を観ていて、お話の中から、鈴木京香さんはモデルからこの仕事を始められたと知り、驚きました。女優デビューは森田芳光監督作品とのこと。森田監督次回作のオーディションがあり、もともと鈴木さんが森田監督の『それから』が好きだったため、初めてお芝居のオーディションを受けてみようと思ったそうです。あら、前回この連載で取り上げた『家族ゲーム』の森田監督のお名前がこんなところで。そう思ったタイミングで、今月6日、松田優作さんの三十三回忌のニュースが。そんな偶然が重なったタイミングだったので、今回は1985年キネマ旬報ベスト・テン第1位『それから』(1985年東映)を選びました。

『家族ゲーム』に続き森田芳光監督×松田優作さんコンビが世に放ったのは、明治の文豪、夏目漱石文学の世界。森田監督は前回ご紹介した『家族ゲーム』が代表作だと認識していましたが、今回ご紹介する『それから』も引けを取らない名作。純文学が好きなこともあって、私個人的には『それから』のほうが好みかも。偶然のおかげで、とても良質で素敵な作品に出会えました。

123

松田優作と藤谷美和子が指1つ触れず甘美な関係を魅せる森田芳光監督『それから』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

渋沢栄一の“放蕩息子”篤二の実像

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。...
写真