日刊サイゾー トップ > エンタメ  > ポケモンダイパ、リメイクの域を超え新要素満載

ポケモンダイパ、リメイクの域を超えた新要素満載で11月19日登場!

ポケモンダイパ、リメイクの域を超えた新要素満載で11月19日登場!の画像1

 今週金曜日の11月19日に、この秋の期待作『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』(以下、ポケモンダイパ)がNintendo Switchに登場する。去る8月18日に情報公開され、翌日から予約開始となったポケモンダイパは、発売日に向けて順次情報が公開されるたびにトレーナーたちの間で話題となってきた。

約15年の時を経てSwicthで蘇るダイパ

 今回は発売されるのは、『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』のリメイクタイトルあたるもの。オリジナルは2006年9月にニンテンドーDS用タイトルとして発売され、同機のタッチパネル操作に対応した。ポケモンのゲームの系譜で言うと、第1作目の赤・緑、第2作目の金・銀、第3作目のルビー・サファイアに続く第4作目にあたる。

 オリジナルの登場から15年の時を経てSwitchで蘇るポケモンダイパは、「究極のポケットモンスター」との呼び声もあるほどで、歴代シリーズファンからの期待も高い。ダイヤモンドとパールの2バージョンある本作の違いは、特定のポケモンの出現率、出現するポケモンの種類で、どちらのバージョンでもシナリオには違いはない。

 バージョン差によるポケモンは通信・対戦・交換ができるので、フレンドなどと相談してどちらのバージョンで始めるかなどの話をあらかじめしておくといいだろう。いっそ、両方ほしいというトレーナー向けに、ダブルパックも販売される。

ポケモンダイパ、リメイクの域を超えた新要素満載で11月19日登場!の画像2

 本作の舞台は北海道をモチーフした「シンオウ地方」。主人公(プレイヤー)は、最初のパートナーとなるポケモン「ナエトル」「ヒコザル」「ポッチャマ」の中から1匹選び、冒険の旅に出かける。その先々で、この地方に生息するポケモンと出会い、バトルし、捕まえながら成長し、ポケモンリーグのチャンピオンを目指すというのが基本ストーリーだ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed