日刊サイゾー トップ > エンタメ  > マヂラブ野田がクラファンで4000万円超獲得!

マヂラブ野田クラファンで4000万円超え資金獲得!リターンもおもしろすぎ

マヂラブ野田クラファンで4000万円超え資金獲得!の画像1 ゲームと言えばシリーズものやAAAタイトルと呼ばれる大作がメディアを賑わすことが多いが、少人数や個人で制作するインディーゲームも市場で受け入れられている。インディーゲームの醍醐味は、開発者が作りたいゲームを具現化できる点にあり、発想がユニークなものも多い。

 こういった状況の中、去る10月19日にマヂカルラブリーの野田クリスタルがツイッターを更新。ゲーム『スーパー野田ゲーWORLD』の制作費用として、4,200万円もの資金を獲得したという内容だ。

前作スーパー野田ゲーPARTYでも1,300万円以上の資金を獲得

 マヂラブ野田は、2020年にも「超面白ゲーム『スーパー野田ゲーPARTY』をみんなで作りSwitchで発売したい」という名目でクラウドファンディングを展開。このときは、目標金額400万円に対して1,357万3,000円の339%達成をしている。

 その後、『スーパー野田ゲーPARTY』は2021年4月29日にダウンロードゲームとして、1,000円で販売を開始。マヂラブ野田プロデュースという話題性に加え、簡単ルールで子供から大人まで楽しめるゲーム性や、最近のゲームに疲れたと思っている層にも支持されて好調な販売を達成。

マヂラブ野田クラファンで4000万円超え資金獲得!の画像2

 出資者2,000人からイラストや音楽を提供してもらうなどの工夫もあって、4月度ダウンロードランキングは2位を記録、2021年上半期のダウンロードランキングでもトップ30入りするなど、プロジェクトの成功を収めている。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed