『青天を衝け』 “コレラ禍”に強行されたグラント将軍“おもてなし”の裏側

文=堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

グラント夫妻をもてなした飛鳥山の邸宅で千代は…

『青天を衝け』 “コレラ禍”に強行されたグラント将軍“おもてなし”の裏側のの画像2
ユリシーズ・グラント(Library of Congress)

 余談ですが、愛煙家で葉巻にまつわる逸話が多いはずのグラントがドラマの中でまったく喫煙しないのには少々、驚きました。昨今の日本の放送界におけるコンプライアンスの徹底ぶりがうかがえ、興味深く感じたものです。

 グラント将軍は、アメリカでは「南北戦争」の英雄として広く知られ、リンカーン大統領率いる北軍勝利を決定づける働きを見せました。当時すでに登場していた紙タバコではなく、葉巻を手に戦場に姿を現したグラントに人気が集まります。しかし、これは自分を“キャラ立ち”させるための行いでもなんでもなく、もともと酒は飲むが、喫煙は嗜む程度だったグラントが、南北戦争中にストレスを募らせ、1日20本もの葉巻を吸うようになった結果に過ぎませんでした。

 戦後、リンカーンは恩人であるグラントに大量の葉巻をプレゼントしました。それを知ったグラントの支持者も次々と葉巻を彼に贈り続け、蓄えられたストックはなんと1万箱を超えてしまったのだとか。律儀なグラントは、人々の好意を無にしたくないという理由で戦後も減煙できず、大量の葉巻を消費しつづける生活を送った末、それが原因と見られる咽頭がんで亡くなりました(Drexel University College of MedicineのAllan B. Schwartz教授の見解)。深刻な身体症状が出始めたのは、アメリカに帰国した1881年(明治14年)頃からだそうですが、日本訪問中にはすでに体調はよろしくなかったのではないか、と思われます。

 ジュリア夫人は煙草ぎらいで、夫の喫煙癖も嫌がっていました。当時、イギリス女王だったヴィクトリアも夫のアルバートの葉巻愛好に苦い顔をしていましたが、止めさせることはできていません。このように欧米にはすでに嫌煙家が存在していましたが、一方で同時代の日本では、男性はもちろん、最上流階級の女性でさえ、喫煙こそ「婦徳(女性としての品行正しい行い)の高さ」を示す良い趣味だと認められていました。これは江戸時代以来の伝統で、女性が長い煙管(キセル)を使って、優雅に煙草を吸っている仕草は美しいから、という理由です。明治天皇の皇后(=美子皇后、のちの昭憲皇太后)も、かなりのヘビースモーカーだったことで知られていますね。グラントにとって、日本滞在は煙草を吸いやすい環境という点において、最高と言えたかもしれません。

 グラント夫妻のおもてなしに話を戻すと、渋沢家が総出で接待していた飛鳥山(現在の東京都・北区)の邸宅は、当時は東京郊外の別荘という扱いでした。とはいえ、約8500坪もの敷地を誇る豪華なお屋敷だったわけですが、まさにグラント夫妻を歓待したこの思い出の地で、千代はコレラに感染し、命を落としてしまいます。

 前回の放送のラスト、白い光に包まれながらコレラに関する新聞記事に目を通す千代の美しくも不安げな横顔がなにか不吉な前兆を感じさせる演出でしたが、グラント夫妻が日本を去って3年後の明治15年(1882年)7月7日、東京でも流行り始めたコレラを恐ろしがった千代は、結婚したばかりの長女・歌子夫妻とともに、飛鳥山の別荘にて静養生活を送ることにします。ところが13日早朝、あれだけ予防に熱心だった千代だけがコレラを発症したのでした。

 家族に感染させることを恐れた千代の強い意思で、歌子や栄一などの家族も障子越しの面会しか許されませんでした。そして、翌14日には急逝するという無念の死を彼女は迎えています。最後まで気丈な千代に対し、栄一や歌子は涙を隠すことができず、特にこの時の栄一の落ち込み方は、長い間、歌子の脳裏をよぎる悲しい記憶となりました。

 遺体となった千代に対面を許された歌子は、大きなショックを受けますが、「白蝋のような(千代の)お顔が、最後にお棺を閉ずる時には、安らかに神々しく見上げられたのがせめてもの慰めであった」(歌子の手記『ははその落葉』)と記しています。千代の遺体は伝染病での死者だったがゆえに、葬儀も満足に行えないまま、ありあわせの白無垢を着せられ、火葬となったそうです。

<過去記事はコチラ>

堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

Twitter:@horiehiroki

1977年、大阪府生まれ。作家・歴史エッセイスト。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業。日本・世界を問わず歴史のおもしろさを拾い上げる作風で幅広いファン層をもつ。原案監修をつとめるマンガ『La maquilleuse(ラ・マキユーズ)~ヴェルサイユの化粧師~』が無料公開中(KADOKAWA)。新刊『偉人の年収』が2022年1月11日発売(イースト・プレス)。最新刊は『眠れなくなるほど怖い世界史』(三笠書房)。

最終更新:2021/11/21 11:00
12

『青天を衝け』 “コレラ禍”に強行されたグラント将軍“おもてなし”の裏側のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

伊藤智彦監督BEST映画『スタァライト』

映画『劇場版ソードアート・オンライン~オーディナル・スケール~』『HELLO WOR...
写真