日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 風間俊介、約18年ぶり大型音楽番組“戦々恐々”

風間俊介、約18年ぶりの大型音楽番組に“戦々恐々”!? 感極まり顔が“ど緊張”!

文=森本ナオ(もりもと・なお)

風間俊介、約18年ぶりの大型音楽番組に戦々恐々!? 感極まり顔がど緊張! の画像1
所属事務所ウェブサイトより

 嵐の相葉雅紀がキャプテンを務める『VS魂』(フジテレビ系)。11月18日は進行中の「番組主題歌制作」プロジェクトがついに完成した模様が放送された。レコーディングの風景が映し出されたり、スタジオにて歌の録音を終えた各メンバーの感想なども語られるなか、相葉が12月1日放送予定の同局大型歌番組『FNS歌謡祭』第1夜の生出演を発表。そこで相葉が見せたジャニーズJr.の後輩・浮所飛貴(美 少年)への気遣いに感動させられた視聴者は多かったのではないか。

 この番組は相葉を中心にキャプテン補佐の風間俊介をはじめ、佐藤勝利(Sexy Zone)、藤井流星(ジャニーズWEST)、岸優太(King & Prince)、浮所がさまざまな対決企画に挑戦するゲームバラエティ。

 今回は10月7日放送の番組での相葉の「番組の主題歌を作りたい」という提案が発端で始まったプロジェクトによって「番組主題歌制作」がついに完成した様子を放送。楽曲「New Again! Again and Again!」は相葉が大好きなバンドであるサンボマスターの山口隆が作詞・作曲を手がけており、“戦い”をテーマにした前向きな応援歌となっている。

 スタジオには無事レコーディングを終えた6人が集結。相葉がCDデビュー未経験の風間に「どうだった?」と感想を聞くと、レコーディングが初体験だったという風間は「なんでそんな改まった?」と苦笑しながら「びっくりするくらい褒められた」とまんざらでもない顔で報告。その返答に他メンバーが驚くなか、風間は「完璧ですよ」と言われながらも「このままいっちゃってもいいけども、せっかくだからあともう1回録りましょう」と言われながら5回くらい録音したと明かし、スタジオは爆笑。それを聞いた相葉に「うまく乗せられたんだ」とツッコまれていたのだった。

 その後、番組では新曲「New Again! Again and Again!」がレコーディング風景とともにMV風の編集で流れる展開に。ロックなサウンドに乗せて6人の力強い歌声が響き渡るなか、10月21日放送の本番組にて浮所がリクエストしていた各メンバーのソロパートも設けられているなど、ファンにとってはたまらない仕上がりとなっていた。

 楽曲放送後、メンバー「めっちゃいい曲」と曲の完成に喜びを見せながら拍手。「録り直したい人いる?」という相葉の冗談に岸が「全力を尽くしました!」と反応するなか、佐藤は「いいバランスでしたね、6人の声が」としみじみ。藤井も「やっぱ、どのグループの声に寄ってるわけでもなく、やっぱこの6人の声になったんですね」とメンバーが生み出すオリジナリティに感心し、浮所も感無量の表情を見せていた。

12

風間俊介、約18年ぶりの大型音楽番組に“戦々恐々”!? 感極まり顔が“ど緊張”!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

有吉『紅白』終了後に驚きの行動に出ていた

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真