日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 高山一実が「第2の朝日奈央」になれそうな理由

乃木坂46卒業の高山一実がバラエティ本格参戦で「第2の朝日奈央」になれそうな理由

文=木村之男

高山一実Instagram(@takayama.kazumi.official

 アイドルのグループ卒業はファンにとって悲しいニュースだが、ポテンシャルを秘めたメンバーにとっては、活動範囲の広がる大きなチャンス。つい先日、乃木坂46から卒業した高山一実にも、業界から熱い視線が送られている。

「グループでも人気メンバーだった高山は、在籍時からソロでも活躍。『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)や『オールスター後夜祭』(TBS系)では立派にMCを務めていました。とはいえ本人は、優等生や秀才タイプではなく、完全に天然キャラなんです。学生時代は剣道に打ち込み、体育会系の顔を持つ一方で、デビュー小説がベストセラーになった経験もあり、その才能はオールマイティー。芸人との相性も良く、卒業を機に声がかかる場面が増えそうです」(芸能誌記者)

 乃木坂のメンバーとしてコンサートや舞台などで場数を踏み、1期生として後輩を見守りながらグループの成長に貢献してきたという経験も豊富。さらに「乃木坂46」というグループが抱える特殊な事情も、高山が引っ張りだこになる状況を後押しするという。

「グループアイドルからは、峯岸みなみ(AKB48)、西野未姫(同)、渋谷凪咲(NMB48)、菊地亜美(アイドリング!!!)など、売れっ子タレントが生まれるのが常。元アイドリング!!! の朝日奈央がその出世頭でしょう。一方、乃木坂はバラエティには今ひとつ弱く、現在頑張っているのは生駒里奈、秋元真夏くらい。まもなく乃木坂を卒業する生田絵梨花もピンでバラエティができる数少ないメンバーですが、音大出身の彼女の“本命”はミュージカルです。そのため、高山がバラエティに進出しても“元同僚”とバッティングしないのも強みのひとつ。これまでにもバナナマン、有吉弘行、さまぁ~ずといった超売れっ子芸人とも仕事をしてきており、正直、死角が見当たりません」(バラエティ番組制作関係者)

 乃木坂のシングルでセンターポジションに抜擢されることはついぞなかった高山だが、バラエティ界ではセンターに立つことになるのかもしれない。

木村之男

木村之男

1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。

最終更新:2021/11/25 19:00

乃木坂46卒業の高山一実がバラエティ本格参戦で「第2の朝日奈央」になれそうな理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真