日刊サイゾー トップ > 芸能  > 薬物逮捕が取り沙汰される芸能人3人

「芸能人の薬物逮捕」が年末年始に増える理由と、取り沙汰される3人

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

「芸能人の薬物逮捕」が年末年始に増える理由と、取り沙汰される3人の画像
イメージ画像/出典:Harrie

 今年も残すところ1カ月となったが、年末年始に向けてその動向に注目が集まるのが、薬物事犯の捜査を行う警視庁組織犯罪対策部5課(=組対5課)と厚生労働省地方厚生局麻薬取締部(=マトリ)だ。

 スポーツ紙の社会面担当記者は言う。

「年末年始は風紀も乱れやすい上に、世間の注目も集めやすい時期で、両組織とも存在をアピールするには持ってこい。それに今年の場合、東京オリンピック・パラリンピックの開催が無事終了し、秋口から新型コロナウィルスの感染拡大も沈静化しつつあるということで、どちらも水面下で本格的な内偵捜査を進めており、その成果が年末年始にも実りそう……という面もあります」

 実際に一部女性誌や夕刊紙などがここ最近、実名こそ出してはいないものの、大物アーティストや人気女性タレントが近く違法薬物絡みで逮捕されるのではないかといった記事を掲載して話題となっている。

 そんななか、特に名前が出るのが人気俳優のAとB、人気女優のCだという。大手芸能事務所のマネジャーはこう語る。

「3人とも数多くのドラマや映画などで活躍する売れっ子ですが、違法薬物の常習者として芸能界では有名です。ウチのタレントには、この3人とプライベートであまり深く付き合わないように注意しています。もっとも、ホームパーティー好きのAさんは別として、BさんやCさんは恋人以外、私生活ではあまり芸能人とは付き合わないようですけど」

 この3人は使用歴もかなり長いと見られているという。

「Aさんは違法薬物だけでなく酒も大好きで、一緒に楽しむのがお決まりのパターン。かつては同世代の売れっ子俳優仲間としょっちゅうドラッグパーティーを開いていましたが、仲間たちが家庭を築いたり、子供ができたりして“アブナイ遊び”を控えるようになっても、いまだに“卒業”できずにいるようです。

 Bさんは過去に激ヤセぶりが話題になったほか、交際相手についてもかねてから違法薬物関連の噂があります。抜群のプロポーションを誇るCさんは、芸能界デビュー以前から違法薬物使用の疑いがあり、これまでもたびたびそうした噂が流れていて、いまだにやめられないようです。つい最近、体調不良を理由にドラマの撮影を休んだとか。

 組対5課か、マトリか、その両方なのかは分かりませんが、BさんとCさんに関してはつい最近も内偵を受けていると耳にしましたね」(前出の大手芸能事務所のマネジャー)

 いずれもまごうことなき大物芸能人だけに、逮捕となれば世間に大きなインパクトを与えるのは間違いないが、はたして年末年始に大捕り物はあるのか!?

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/12/01 12:00

「芸能人の薬物逮捕」が年末年始に増える理由と、取り沙汰される3人のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンの...…
写真
インタビュー

ケンコバ「この番組はヒットしない!」

 絶対に観ない方がいいと言われたら観たくなるのが本能。『ほんトカナ!?ケンドーコバヤ...
写真