日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 手越の「YouTuberではない」宣言が波紋?

手越祐也「YouTuberではない」宣言が波紋? “元同僚”錦戸亮とは真逆のアーティスト戦略

文=小林真一(こばやし・しんいち)

手越祐也「YouTuberではない」宣言が波紋? 元同僚錦戸亮とは真逆のアーティスト戦略の画像1
手越祐也

 昨年、ジャニーズ事務所を退所した手越祐也。ネットニュース「オリコンニュース」が12月21日に配信したインタビューに答え、現在の活動や胸の内を明かして話題になっている。

「手越は2021年にツアーや、オリジナル楽曲の6カ月連続配信リリースなどを行っており、昨日にはソロアルバム『NEW FRONTIER』を発売しました。来年1月からは7都市全12公演となる初の全国ツアーもスタートさせますし、精力的に歌手活動を行っています。同インタビューでも『歌い手としてステージで一番輝きたい』とし、その上で『YouTubeは音楽やミュージックビデオをみんなに知ってもらうための大事なツールという認識』、『YouTuberではない』と宣言していました。ただ、この発言が一部関係者の怒りを買っているようです。手越さんのチャンネルには、どう考えてもアーティスト活動と無関係な企画動画も多いですし、これまでYouTubeに協力をしてきた関係者たちからしたら面白くないのも当然でしょう。ここ最近、配信している動画の再生回数が伸び悩んでいるので、急な“アーティスト宣言”をしたのではないかとも言われています」(音楽関係者)

 そんな手越はやはり、地上波のテレビに戻りたいというのが本音のようだ。

「手越はYouTubeや楽曲の配信は既存のファンには受けても、新規のファンを開拓できないことはわかっているのでしょう。今回のソロアルバム発売時にはそのプロモーションも兼ねて、テレビ番組への出演を旧知のプロデューサーに打診していたとか。ただ、あまり色良い返事はもらえなかったようです。手越さんは円満退所とは言い難い状況でしたから、テレビ関係者もジャニーズに“忖度”をして、率先して起用することはないようです」(民放関係者)

 そんなどっちつかずの手越とはいろいろと対象的なのが、”元同僚”の錦戸亮だという。

「錦戸は今年、全国ツアーを大成功させてチケットや物販の売り上げでかなりの収益を上げました。ファンクラブビジネスも好調で、年収にして3億近く稼いだとも言われている。このビジネスモデルは、親友の赤西仁から伝授されたそうです。実は、赤西と錦戸に関しては、テレビ局サイドも番組出演のオファーを熱心にしている。手越同様、この2人もジャニーズ事務所からはよく思われていないのですが、テレビ局サイドはジャニーズに不義理を欠いても出演をしてほしいというスタンス。ただ、錦戸は自分を“安売り”しないために、安易に露出をすることは避けているみたいですが」(民放関係者)

 ジャニーズを飛び出し、自分の音楽で食べていく決意を胸にした手越と錦戸。立場は似ていても、アーティストとしての戦略はまったく異なっているようだ。

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

出版社、IT企業、テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2021/12/24 11:00

手越祐也「YouTuberではない」宣言が波紋? “元同僚”錦戸亮とは真逆のアーティスト戦略のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンの...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真