日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > ジャニーズ著作権ガチガチでネットと合わず

著作権ガチガチのジャニーズはネットと合わない!? ゲームchでさっそく騒動が

著作権ガチガチのジャニーズはネットと合わない!? ゲームchでさっそく騒動がの画像1
ちょっと前のKAT-TUNの中丸雄一

 自分でプレイする以外にも、動画やライブ配信を視聴する楽しみ方が一般化したゲーム。ここ数年はコロナ禍が続き、ステイホームのおうち時間を楽しむコンテンツとして着実に支持を受けており、YouTuberやストリーマーも増え、タレントが参入するのも珍しくなくなってきた。

 こういった状況の中、ジャニーズがゲーム専門チャンネルを開設した。2021年12月16日にプレオープンしたこのチャンネルは、「Johnny’s Gaming Room」。ジャニーズ内にいるゲーム仲間を集め、グループの垣根を超えてゲームを楽しむのコンセプトの同チャンネルは、開設から24時間で登録者数40万人超えのスタートとなった。
初期メンバーは13名!キンプリ、Jr.からは選ばれず

 Johnny’s Gaming Roomプレオープン期間中の動画で、Hey! Say! JUMPの有岡大貴、Kis-My-Ft2の玉森裕太、宮田俊哉の3名が中心となってジャニーズ内のゲーム好きメンバーを探す企画を実施。そして、2022年元日に第1期メンバーが発表された。今回選ばれたメンバーは全13名。
・ジャニーズWEST:重岡大毅、藤井流星、神山智洋
・SixTONES:高地優吾、森本慎太郎、田中樹
・Snow Man:深澤辰哉、向井康二、佐久間大介
・なにわ男子:高橋恭平、長尾謙杜、大橋和也
・Sexy Zone:佐藤勝利

 配信は毎週火~土曜日の週5回が予定されており、火~金曜日はゲーム実況、土曜日はバラエティ企画になることも同時に発表された。お決まりの「チャンネル登録よろしくお願いします!」のあいさつで終わると思いきや、最後に「来週から3名抜けます」という告知で参加メンバーが驚くシーンも。

 このメンバー発表を受け、SNSではちょっとしたザワつきが。「キンプリからのメンバーがいない」「ジャニーズJr.から選ばれてない」「15名って聞いてたのに13名なの?」といった声が挙がっている。キンプリは任天堂のCMにも出ており、ファンも期待していたようだが、逆にCMに出ることによる契約などの縛り(他社ゲームができない)などがあるのかもしれない。

 このJohnny’s Gaming Roomは、ジャニーズが公式に解説したチャンネルで、今年は本腰を入れてゲーム動画・配信をやっていく姿勢が見える。これがきっかけで、ちょっとした騒動がYouTubeで発生した。

 昨年末あたりから、一部のスプラトゥーン動画に対して著作権侵害の申立てが届いていると言った報告がTwitter上で見受けられた。しかも、この申立てはジャニーズからという共通点がある。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed