日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 太田プロ移籍の生田絵梨花と「池上花衣」の正体

元乃木坂46生田絵梨花、太田プロ移籍でクローズアップされる「池上花衣」の正体

文=久田萬美(ひさだ・まんみ)

元乃木坂46生田絵梨花、太田プロ移籍でクローズアップされる「池上花衣」の正体の画像1
生田絵梨花(乃木坂46公式サイトより)

 2021年末に乃木坂46を卒業した生田絵梨花が、1月1日より太田プロダクションに移籍したことが公表された。乃木坂46卒業生が太田プロに所属するのは初めてのことだという。

「乃木坂46の現役メンバーは乃木坂46合同会社に所属しており、卒業してもそのまま残る人が多い。乃木坂46合同会社に残りつt、西野七瀬や白石麻衣などのように幅広く活躍することは可能です。ただ、この2人にしても、女優として活躍できるのは“秋元康ドラマ”があってこそ、という業界の声も多い。一方、生田はすでに卒業後のミュージカル『四月は君の嘘』に出演が決定していたり、ヒロインの“コンフィガール”として出演する映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』の公開を控えていたりと、幅広い活躍が期待されています。生田としては“元乃木坂46”の肩書に頼らず、より大きなフィールドで活躍できる道を選択したかったのかもしれません」(芸能ライター)

 太田プロは芸能界の中でも老舗の芸能事務所であり、有吉弘行や劇団ひとりなどの人気お笑い芸人や、指原莉乃や大島優子などの元AKB48メンバーも所属している。

「太田プロは映画やドラマはもちろん、バラエティーにも強い印象です。生田は自身が出演した最後の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で、MCのバナナマンにバラエティーに向いているというお墨付きをもらい、自身も『今後もバラエティーもやっていきたい』と話していました。バラエティーに出演しやすくなるという点でも、太田プロは最適なのではないでしょうか」(前出・芸能ライター)

 太田プロに移籍することについて、生田は「今まで育った場所から旅立ち、新たな場所で、新たな夢に向かって走り出したいと思います」とのコメントを発表している。しかし、彼女にとって太田プロは“新たな場所”ではないという。アイドル誌ライターが明かす。

「生田は約10年前、乃木坂46としてデビューする前にも子役として藤田朋子の舞台に出演したり、映画『ビギニング オブ トイレの花子さん』に主演したりと、芸能活動を行っていました。この時、『池上花衣』名義で所属していたのが太田プロだったのです。生田は乃木坂46のオーディション合格後に乃木坂46合同会社に移籍していますが、乃木坂46メンバーは全員ここに所属するというルールに倣ったからで、もしかしたらこの時から、卒業後には太田プロに戻るという約束があったのかもしれません」

 かつて小規模なホラー映画に出演していた生田が、『レ・ミゼラブル』などの本格ミュージカルに出演する女優になって帰ってきたのだから、太田プロとしては万々歳だろう。

「乃木坂46合同会社に所属していれば、メンバーとの絡みがまた見られる可能性が高いので、移籍を寂しいと感じるファンもいるでしょう。ですが、大手芸能事務所に所属するというのは、それだけ可能性を広げられるということ。太田プロにもともと縁があったことは、生田にとってよかったとも言えます」(前出・アイドル誌ライター)

 乃木坂46在籍中から多才ぶりを発揮していた生田。今後も、10年ぶりに帰る古巣での活躍に期待したい。

久田萬美(ひさだ・まんみ)

久田萬美(ひさだ・まんみ)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

最終更新:2022/01/06 20:00

元乃木坂46生田絵梨花、太田プロ移籍でクローズアップされる「池上花衣」の正体のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(3)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 【「天涯の標」Vol.2はこちら】 世界中にネ...
写真