日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > キンコンとインパルス堤下で大爆笑

「毎週キングコング」インパルス堤下との今も自然なトークで大爆笑! 飽きない魅力

文=吉松ゴリラ(よしまつ・ごりら)

「毎週キングコング」インパルス堤下との今も自然なトークで大爆笑! 飽きない魅力の画像1
実業家・西野亮廣

「おもしろいものを作る」を目標に日々切磋琢磨している若手芸人。当然彼らが同業者のYouTubeを見るとき、その目線は厳しくなる。そんな芸人間で流行る動画は、掛け値なしにおもしろいと言っていい。この企画は現役の芸人をゲストに呼び、「芸人が一番笑ったYouTube動画」を紹介してもらう対談企画である。

 今回のプレゼンターは、芸歴16年目ハッピーマックスみしま(以下、みしま)さん。

用意されたものじゃない、生の会話が魅力「芸人のOFFの動画」

みしま ぼくが一番笑った動画は、「毎週キングコング」の「【直撃】インパルスって今どうなってるの?」です!

吉松ゴリラ(以下、ゴリラ) これは「芸人のOFFの動画」の中でも、ベストパフォーマンスを出してる動画ですよね。

みしま そうなんだよ! YouTubeで「OFFの会話」を流す芸人は増えてきてるけど、そこで生まれている笑いのクオリティが全然違う。草野球をしても普通の高校生とプロでは遊びのレベルが違うように、個々の芸人としてのレベルが違うんだよね。以前、今田耕司さんが「下手なテレビ番組より、芸人の飲み会のほうがおもしろい」と言ってたけど、まさにそれ。

ゴリラ OFFだから、キングコングさんや堤下さんの楽屋話に近いトークが楽しめます。事前に準備・練習した話じゃないから、錬磨された地肩の強さが浮き立つ。派手さや動きはないけど、おもしろい動画。媒体がテレビしかなかった時代では、こんな動画、絶対見れなかった。

みしま もう、堤下さんが全くゲスト扱いされてないんだよね(笑)。もう初っ端からイジりで入られて、それが最後まで続く。一時代を築いた「はねるのトびら」(フジテレビ系)が終わって約10年経ってるけど、あの黄金時代の三人がトークをするとこれだけ自然におもしろいのかと。

ゴリラ 持ち寄ったエピソードトークを話すのではなく、現場で生まれた笑いに、各々が足し算をする笑いが中心になってますよね。芸人の飲み会で行われるような、遊びに近い笑い。ただこの三人は人気者なので、その遊びが遊びで終わっていない。最終的に、個々のトータルチャンネル登録者数300万人を巻き込んだ展開へ発展してますもんね(笑)。

みしま そもそもぼくは「毎週キングコング」自体がめっちゃ好きで、ずっと聞いてるんだけど。個別の活動で超ビッグに育った2人が、毎週お互いの近況報告をこのチャンネルでしてるんだよね。

ゴリラ 今のキングコングさんって、芸人界のトップYouTuberカジサックこと梶原さんと、絵本作家・映画監督など多方面で活躍している若手実業家・西野さんのコンビですもんね。

みしま 次世代芸人の最先端を走ってる2人の対談だから、大きな変化・変革が起こっているこの時代に「芸人としてどう笑いをとるか」ではなく「芸人としてどう戦略を練るか」の勉強になる、かなり特殊なチャンネルになってる。是非そっちも、見てほしい。

12

「毎週キングコング」インパルス堤下との今も自然なトークで大爆笑! 飽きない魅力のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

のん、地上波復帰の陰に…

 民放テレビ界から干され続けている女優・のん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真