日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 村上信五、北京で東京五輪の“失敗”を払拭!?

村上信五、北京五輪キャスターで東京五輪の“失敗”を払拭!? 期待されているワケとは

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

村上信五、北京五輪キャスターで東京五輪の“失敗”を払拭!? 期待されているワケとはの画像
村上信五

 2月開幕の北京2022オリンピックで岐路に立つことになりそうなのが、関ジャニ∞・村上信五だ。昨年の東京2020オリンピックに続き、フジテレビの五輪関連番組にメインキャスターとして起用されたが、司会者としての力量が問われそうだという。

「東京五輪での司会ぶりはひどい言われようでした。出場選手に対してタメ口になったりしたことで、『選手へのリスペクトがない』『バラエティ番組と勘違いしているのか』などと批判の的に。今回の北京冬季五輪での起用にも、ネット上では『懲りないねぇ』『ただただ、うざいだけ』などと辛らつなコメントが集まっています」(芸能ライター)

 村上といえば、2017年から3年連続で『27時間テレビ』(フジテレビ系)の総合司会を務めてはいるが、2019年は歴代最低の5.8%を記録。昨夏に「女性自身」(光文社)が発表した東京五輪キャスターのアンケート調査では「オリンピック中継や番組で伝えるのが下手なのは誰?」ランキングで明石家さんまに次いでワースト2位となり、「経験不足を指摘する声が多かった」と説明されるなど、大イベントでのMCとしての力量には疑問符が付いている。

「局内でも『またか』と落胆する声は上がっていましたが、フジテレビとジャニーズのパワーバランスを考えれば、ジャニーズの提案をフジは拒否できないでしょう。それでも、北京で散々な結果に終われば、さすがに“次も村上”ということにはならなくなるかもしれません」(芸能関係者)

 東京五輪の再来も危惧されるが、それでも今回の村上はひと味違うという。

「フジでは2018年から『村上信五∞情熱の鼓動』という不定期のスポーツ番組をやっていますが、昨年12月からは『北京五輪へ!知られざる“宝”のストーリー ~村上信五∞情熱の鼓動・冬~』と銘打ち、村上が直接アスリートを取材する番組となっていて、これの評判がなかなかいいようです。確かに、インタビューの仕方ひとつとってもかなり変化が見られ、うまく話を引き出していますし、そこにちょっとした笑いも込められている。村上ならではの良さが出ているんじゃないでしょうか。この調子で北京冬季五輪に向かえば、東京五輪の二の舞はないのでは」(制作会社関係者)

 村上といえば先日、文化放送の開局70周年スペシャルウィークのスペシャルアンバサダーに加え、開局記念日の3月31日に特別編成で放送される70時間特番のメインパーソナリティに就任したことが発表されるなど、司会・キャスター業に邁進している。

「芸能関係者の評価としての話ですが、ジャニーズとはいえ、とりたててイケメンでもない村上が芸能界で生きていくには、やはりトーク力を生かしたMCということになる。昨年あたりから、業界内では関ジャニ∞が2024年頃までにグループ活動を休止するのではないかとの声が聞かれ始め、グループの冠番組『関ジャニ∞クロニクルF』(フジテレビ系)が3月終了で最終調整に入っているといいます。グループの看板がなくなっても、村上がやっていけるのか。バラエティでのMCは一定の評価を得ていますが、村上はサッカー、柔道、バスケなどさまざまなスポーツの番組でキャスターやMCを務めており、こちらでも腕を磨いている。北京冬季五輪では村上のそうした“キャスター力”にも注目が集まりそうです」(前出・制作会社関係者)

 NHK『紅白歌合戦』の司会を務める野望でも知られる村上。北京2022オリンピックでの活躍次第ではその夢にも一歩、近づくことになりそうだ。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2022/02/09 13:00

村上信五、北京五輪キャスターで東京五輪の“失敗”を払拭!? 期待されているワケとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

『シン・ウルトラマン』に「笑ってまうよね」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。...
写真