日刊サイゾー トップ > エンタメ  > さまぁ~ずの先輩だった元芸人の現在

『家つい』さまぁ~ずの先輩だった元芸人の現在。もう夢は追えないが、夢ある子を応援したい

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『家つい』さまぁ~ずの先輩だった元芸人の現在。もう夢は追えないが、夢ある子を応援したいの画像1
『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)

 3月2日放送『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)は、おぎやはぎの小木博明が新型コロナウイルスに感染し、矢作兼に濃厚接触者の可能性があったため急遽欠席に。代役としてアンジャッシュの児嶋一哉が司会を務めた。しかし、自らが司会であることを忘れてゲストのトーク聞き入り、進行を忘れるなど困った形で児島のらしさが爆発。つたない司会ぶりを見せつける結果となった。心なし顔がこわばっていたのは緊張が理由だったか? それとも、『白黒アンジャッシュ』(チバテレビ)収録前後の時期だったのだろうか。

大きなニキビがおでこにできた男性美容TikToker

 大宮駅前で取材させてくれる人を探していると、1人の男性が自らスタッフに声をかけてきた。仕事帰りという24歳の青年は、ハキハキとしゃべり、髪型はビッチリ七三分け。好青年ということはすぐにわかった。彼は広告代理店で営業の仕事をしているそうだ。

 実は、脱毛サロンの起業も目指しているらしい。「これからはメンズ美容が伸びる」と、彼は踏んでいるのだ。その一環として美容系TikTokerの活動も始めたとのこと。確かに、肛門周りの脱毛については筆者も少し気にしている。なるほど、伸びる産業だろう。とは言え、「メンズ美容TikToker」はなかなかのパワーワードだ。きっと、彼は宣伝したくて自ら声をかけてきたような気がする。

 というわけで、男性の自宅に到着。ここで彼はTikTokの動画を撮影している。動画撮影の裏側を見せてくれるなら、楽しみだ。しかし、直前で番組スタッフからツッコミが入った。

――美容系なのにニキビができてますね。
「最近、疲れすぎまして、ちょっとニキビができちゃいました(苦笑)」

 ダメじゃん! ニキビでは収まらないくらい大きなできものが、おでこにボコッと目立っている。しかし、疲労と引き換えに得る対価は高い。彼には起業案件が月に5~8本あり、報酬は1フォロワーあたり1円。収入はSNS総合計で月に50万~80万円までのぼるそうなのだ。つまり、もう会社で働く必要はない。だから来年1月には退職し、脱毛サロンの立ち上げは5月を予定している。

 そんな多忙な日々の中、彼はどんな食生活を送っているのだろう? 冷蔵庫を開けると、そこにあったのは生クリームホイップだった。彼はボトルを手に取り、“プシュー”と当たり前のように生クリームを直接口に放り込んだ。明らかに美容に良くない。そりゃ、ニキビできるわ! 

 そんな残念な肌コンディションの中、彼はTikTokの撮影に臨む模様。撮影前に行うのはメイクだ。決してすっぴんでは撮らない。

「男性がメイクするのは当たり前になってきているので」

 いや、言いすぎである。まだ、当たり前じゃない。でも、ケアするに越したことがないのは真理だ。というわけで、撮影開始。しかし、彼は噛みまくった。営業職なのに滑舌がよくないのだろうか? さらに、インフルエンサーにありがちな妙なハイテンションも気になる。あえて、1~2トーン上げたトークを意識しているらしい。

「僕、コメント欄で叩かれるんですよ。『この変な人のノリ、キモーイ』って」
――そこで心折れないですか?
「折れないですね。むしろ、ありがたいですよ。そもそも、無名だったらコメント1つもないですからね」

 強メンタルだ。確かに無名の人にコメントなんかつかないし、彼のポジティブさは正解。ちなみに、TikTokの更新頻度は2~3日に1本だそう。会社でバリバリ働き、帰宅後は動画撮影と編集作業に没頭している。つまり、起きてから寝るまではすべて仕事! お金を稼ぐのは楽じゃないと再認識する生活ぶりである。

――そこまで真剣になれる理由は何ですか?
「これからメンズ美容が絶対伸びるって調べていく中でわかったので、それでこのジャンルをやっていこうと始めました」

 それは間違いない。リモートがより普及すれば、今以上に顔のコンディションを重視する時代になるはずだ。そんな彼の夢は?

「えっと……年収1億円欲しい!」

 このポジティブさは見習いたい。お金持ちになる人は努力をしているし、すでに彼は人生を謳歌している感さえある。そして、このVTRには1つの教訓があった。生クリームを食べ過ぎると、肌のコンディションが劣化するということだ。

 進行役の児島は、この青年に共感したらしい。実は児島、自身のYouTubeチャンネルでメイク動画をアップし、それがバズっているのだ。

「地雷メイクだとか、こないだやったのはホスト風メイクとか。5時間ぐらい掛かったときとかある。めちゃくちゃメイクって大変。ただね、メイクで人は変わるよ」(児島)

 児島の動画については、1月16日放送『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で有吉が「『地雷メイクやってみた』って俺からしたら『恥ずかしくないの?』って思うけど、YouTube見てる人たちは『ああ、児嶋もやってんだ』って見てくれてるんでしょ」とネタにし、両者の間ですったもんだが起こった件が記憶に新しい。

12

『家つい』さまぁ~ずの先輩だった元芸人の現在。もう夢は追えないが、夢ある子を応援したいのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

「2.5次元」に魅了される男たち

 イケメン俳優たちが演じる、アニメ・マンガやゲームを原作にした舞台やミュージカルが隆...
写真