日刊サイゾー トップ > エンタメ  > ジェニロペのリアル“結婚宣言”『マリー・ミー』

ジェニロペの新作ロマコメ映画はリアルな“結婚宣言”だった!?『マリー・ミー』

文=バフィー吉川(ばふぃー・よしかわ)

ジェニロペの新作ロマコメ映画はリアルな結婚宣言だった!?『マリー・ミー』の画像1
©2021 Universal Pictures

 スーパーボウルのハーフタイムショーや、別れたはずのベン・アフレックと復縁など、常にエンタメとゴシップ界での話題の尽きない、J. Loまたはジェニロペことジェニファー・ロペス。

 そんなジェニロペのロマコメが、かなり久しぶりに日本で劇場公開! ロマンティックコメディとしては、『恋愛だけじゃダメかしら?』(2012)以来、単独主演としては『メイド・イン・マンハッタン』(02)以来の20年ぶりとなる。

ジェニロペの新作ロマコメ映画はリアルな結婚宣言だった!?『マリー・ミー』の画像2
©2021 Universal Pictures

 その名も『マリー・ミー』。2022年4月22日から公開されている。

 このアウェーな環境下で、しかもロマコメ映画全般がことごとく未公開スルーとなっている中で、今作を劇場公開に踏み切った配給会社を褒めてあげたい。

 今作の原作は、日本の少女漫画にインスパイアされたボビー・クロスビーのグラフィックノベルであるが、見事なまでにジェニロペナイズされていて、原作を付ける必要があったのかがわからなくなるほど染まっている。正にメタ・プライベートを観ているような感覚だ。

 それもそのはずで、映っているのは普段のジェニロペでしかない。しかも、今作のコンサートシーンを手掛けているのは、実際のコンサートスタッフたちだ。中でも長年のクリエイティブ・ディレクター兼振付師としてジェニロペを支え、20年スーパーボウル、ハーフタイムショー・パフォーマンスも手掛けたタビサ・デュモが大きな役割りを果たしている。

ジェニロペの新作ロマコメ映画はリアルな結婚宣言だった!?『マリー・ミー』の画像3
©2021 Universal Pictures

 さらに、マルーマのコンサートをそのまま撮影に使用するなど、臨場感は本物に違いなく、何よりタイトルにもなっている「マリー・ミー」という曲は、カミラ・カベロの楽曲でもお馴染みのエドガー・バレーラの他に、リヴィ・フランク、マイケル・ポラックも作詞・作曲に参加している豪華曲。耳に残るキャッチーな曲であることからも、音楽映画としてのクオリティとしても間違いないのだ。

【ストーリー】
世界的歌姫のカット・バルデス(ジェニファー・ロペス)は、新曲「マリー・ミー」を携え、大観衆の前で音楽界の超新星バスティアン(マル―マ)と華々しく結婚式を挙げる予定だった。しかしショーの直前、婚約者バスティアンの浮気がスクープされる。失意のままステージに登壇した彼女は、観客の中から一人の男を指名、突然プロポーズするという驚きの行動に出る。新たなお相手は、ただの冴えない数学教師とあって、前代未聞のギャップ婚に取り巻きのスタッフやマスコミ、ファンは大混乱となり、早くも離婚話が噴出する始末。お互いを知るところから始まった結婚生活は前途多難な道のりだった。そんな矢先、バスティアンとのデュエット曲だった「マリー・ミー」がグラミー賞にノミネートされたことで、カットとバスティアンの関係は、再び近づいていくのだった……。

12

ジェニロペの新作ロマコメ映画はリアルな“結婚宣言”だった!?『マリー・ミー』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

ジャニタレ春ドラマ、主演、準主演で20本以上!

 各局、豪華キャストを揃えたものの、苦戦が報...…
写真
インタビュー

沖田臥竜×武田玲奈「ムショぼけ」って何だ?

 10月から連続ドラマ『ムショぼけ』(北村有起哉主演)がスタートする。それに先駆け、...
写真