日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 主人公一家が“ちゃぶ台返し”続ける朝ドラ
朝ドラWATCHコラム『ちむどんどん』第7週

“ちゃぶ台返し”続く『ちむどんどん』と会話のキャッチボールのない暢子(第7週)

文=渡辺裕子(わたなべ・ひろこ)

“ちゃぶ台返し”続く『ちむどんどん』と会話のキャッチボールのない暢子(第7週)の画像
イラスト/渡辺裕子

 比嘉家によるちゃぶ台のひっくり返しは、これで何回目でしょうか。幼い暢子の東京行きキャンセル、高校生の暢子が決まりかけた就職を蹴って「東京でシェフになる」宣言、そして今回の良子の結婚。もし連続ちゃぶ台返し対決があったら、ペペロンチーノ対決なんかより圧勝できる。でも彼らがひっくり返しているそのちゃぶ台は、周りの人々が手間ひまかけて用意したものなんですけどね……。東京行きの時は東京の親族や和彦くん親子。就職の時と今回の結婚の件は善一さん。何度も自分の尽力を無駄にされて、それでも笑顔で比嘉家を見守る善一さん、いい人すぎる。

 今週のちゃぶ台返しのために、良子(川口春奈)と金吾(渡辺大知)の両家顔合わせの席に現れた石川博夫(山田裕貴)。多くの視聴者の予想通りの登場ではあったけれど、賢秀(竜星涼)とトンチンカンなやりとりをするうちにだんだんと博夫の表情が変わって、気持ちをさらけ出す流れは良かった。山田裕貴さんと竜星涼さん、いい役者さんですよね。そして、愛する良子が他の男を好きだと気づいてからの金吾が、本当に良かった。あふれそうな涙を抑えて「良子さんを必ず幸せにしてください!」と笑顔を作るシーン。あれは、幼い暢子が「うちが行く!」と涙をためた笑顔を見せるシーンと並んで、このドラマ前半の名場面となったのではないでしょうか。彼のストーカーまがいの「ラブ&ピース!」は、本当に、愛する人にラブとピースを与えたい一心だったんですね。

 と、周囲の人々に関しては良いシーンもあるのだけれど。物語の中心であるはずの暢子(黒島結菜)の東京でのレストラン修行は、なんだかよくわからないんですよね……。メモを取ったり声をかけながら動くようになったから、おお、ちゃんと働いてる偉いぞ暢子!と思っていたら、突然オーナーに失礼なことを言った末のペペロンチーノ対決。どうしてそうなる。そしてオーナーまで沖縄由来の材料を使ってペペロンチーノを作っていたら、物語上、東京のイタリアンレストランで暢子が修行する意味が薄れてしまう気がするんですが……。ドラクエでも、主人公は村を出て未知の世界を知ることで勇者になるのに。

 お父ちゃん(大森南朋)がかつて鶴見で働いていたと聞かされても、それ以上のことを尋ねないのも不思議でした。若い頃の父の様子とか、あの譲られた包丁の由来とか、興味ないのかなあ。暢子が、天真爛漫というより傍若無人に思えてしまうのは、相手の話を聞こうとせず、会話のキャッチボールがないからかなあと思ってます。向こうから言葉を投げられても「へー」で終わる。相手のことを知らないのに「偉そうです!」と言葉を投げつける。周りが見えず、自分一人で生きているような感じ。そんな人だから、誰かが作ってくれたちゃぶ台を何度もバンバン返して平然とできるんですが……。

 このドラマで唯一の常識人・智(前田公輝)なら、暢子と普通に会話できると思っていたのに、上京してからはベタベタと暢子に迫るようになってしまった……。もうすぐ、宮沢氷魚さんに成長した大人の和彦くんが出てくるから、彼を引き立てるための当て馬扱いなんでしょうか。努力しながら夢を語っていた頃の智に戻ってほしい。

 そして賢秀。金吾の父からお金を騙し取ろうとするのは、自分がかつて詐欺師に騙されたやり方と同じなんですよね。家族を思う優しい気持ちと不安な心につけこんでいる。自分があれほど恨んだ詐欺師=犯罪者に、とうとう自分もなってしまったという自覚はなさそうだけど。暢子のお金を奪い、良子の結婚相手の父を騙して平然としていられる神経、正直よくわからない。しかし、このドラマの真のラスボスは、優しい笑顔で彼を許し続け、借金を「申し訳ありません」で押し切る母の優子(仲間由紀恵)。でも物語の中で誰も倒そうと思っていないラスボスがずっとそこにいるって、こわいですね。

■番組情報
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん
[NHK総合] 月~金 8:00-8:15 / 月~金 12:45-13:00(再放送)
[BSプレミアム・BS4K] 月~金 7:30-7:45 / 土 9:45-11:00(再放送)
[見逃し配信] NHKプラス

出演:黒島結菜、仲間由紀恵、大森南朋、竜星涼、川口春奈、上白石萌歌ほか
作:羽原大介
音楽:岡部啓一、高田龍一、帆足圭吾
主題歌:三浦大知「燦燦」
語り:ジョン・カビラ
制作統括:小林大児、藤並英樹
プロデューサー:高橋優香子、松田恭典
広報プロデューサー:川口俊介、鈴木 葵
演出:木村隆文、松園武大、中野亮平ほか
制作:NHK
公式サイト:nhk.or.jp/chimudondon

渡辺裕子(わたなべ・ひろこ)

渡辺裕子(わたなべ・ひろこ)

テレビ大好きイラストレーター。
テレビや映画について書いてるnote → http://note.mu/satohi11

最終更新:2022/05/30 06:00

“ちゃぶ台返し”続く『ちむどんどん』と会話のキャッチボールのない暢子(第7週)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

17歳の自分に観てほしい

 担当編集者のHさんが「今発売中の雑誌『PO...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真