日刊サイゾー トップ > エンタメ  > ANNとJUNK「芸人ラジオ」の変遷

ANNとJUNK「芸人ラジオ」の変遷に見る、ニッポン放送の復活とTBSラジオの凋落

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

ANNとJUNK「芸人ラジオ」の変遷に見る、ニッポン放送の復活とTBSラジオの凋落の画像1
『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』(テレビ朝日系)Twitter(@neta_sand

 5月16日と23日の2週にわたり、『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』(テレビ朝日系)が特集したのは、“芸人ラジオ”であった。

 端的に言うと、「オールナイトニッポン」を擁するニッポン放送と「JUNK」を擁するTBSラジオの特集だ。大竹まこととオテンキのりが“顔”として奮闘する文化放送と、JFNが放送する『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』は、特集には含まれないらしい。

 番組内では、昨今の“芸人ラジオ”が盛り上がった契機としてradikoの存在が紹介された。確かに、radikoの登場は革命だった。筆者(40代)はラジカセのアンテナを伸ばしても電波状況が悪いニッポン放送の受信に悪戦苦闘した記憶があるし、radikoによって地方の番組まで聴取可能(有料)になったのは間違いなく画期的だった。ただ、老害の戯言としては、radikoで聴くとAM放送まで音がクリアになった結果、ラジオならではの“密室感”が喪失したという印象もなきにしもあらずだ。

“芸人ラジオ”が盛り上がったもう1つの要因に、コロナ禍による自粛生活も挙げられると思う。ラジオ人気の盛り上がりに拍車が掛かったのは、おそらくここ2~3年だろう。

 最近の流れとして付け加えたいのは、ニッポン放送の盛り返しだ。一時期の「オールナイトニッポン」は人気&内容ともに激しく低調で、TBSとの対立構造では明らかに劣勢だった。しかし、今年4月実施の「首都圏ラジオ聴取率調査」では『乃木坂46のANN』『ナインティナインのANN』『オードリーのANN』が同時間帯の単独首位を、『星野源のANN』『佐久間宣行のANN』は同率首位を獲得しているのだ。

『オードリーのANN』躍進が、ニッポン放送の反撃の狼煙になった印象。かつて、ナイナイのANNでさえ3社程度のスポンサーしか付いていない時期もあったが、よくぞあの状況から盛り返した。ポッドキャストにも優秀なパーソナリティを配してくるし、同局の復活はラジオの復権に大きく影響している。

 2019年、ニッポン放送のトップに就いた檜原麻希社長がやり手ともっぱらの噂だ。なぜか自ら盛り下がっていったTBSラジオの凋落とも、鮮やかにリンクしている。

12345

ANNとJUNK「芸人ラジオ」の変遷に見る、ニッポン放送の復活とTBSラジオの凋落のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

香取慎吾とのコラボ秘話

 今年1月9日放送の『関ジャム 完全燃SH...…
写真