日刊サイゾー トップ > 芸能  > 天心v武尊ビッグマッチ見送り

天心v武尊ビッグマッチ見送りで広がる臆測―まさかの”フジテレビマッチポンプ説”も

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

天心v武尊ビッグマッチ見送りに臆測合戦…まさかのフジテレビマッチポンプ説の画像1
「THE MATCH 2022」K-1 公式サイトより

 6月19日に開催される格闘技イベント「THE MATCH 2022」について、各方面でザワつきが止まらない。

 ことの発端は、このイベントの目玉であるキックボクシングRISEの王者・那須川天心とK―1王者・武尊のビッグマッチをフジテレビが生放送する予定だったが、5月31日に急遽一転して見送りとなったのだ。

《主催者側との契約に至らず、フジテレビで放送しないことが決まりましたので、ここにお知らせいたします》

 フジテレビのHPやSNSでは、上記の文言が冷たく飾られている。

「やっぱり興行、特に格闘技は反社との関係性を切るのが難しい。過去にも格闘技イベントとか団体が反社との繋がりを週刊誌で報じられメディアから消え、ブームも急速に消滅してきました。知り合いの格闘家の中には、”超有名なドキュメンタリー番組”に数カ月密着されていたのにも関わらず、本人の知人にグレーな人がいると話が出たためお蔵入りになったケースもあったりしました。メディアや芸能プロダクションも、今は昔とは比べ物にならないほどその辺りに敏感で、独自の調査をしている状態ですからね」(格闘技業界関係者)

 今回フックになったのは、実行委員を務めるRIZIN代表の榊原信行氏が反社会的勢力と付き合いのあることを認める音声データが流出し、それを巡ったトラブルになっていることを2022年5月20日号の『週刊ポスト』(小学館)が報じたこと。

 榊原氏は中継中止を受けて同日に緊急記者会見を開き、身の潔白や地上波放送を可能にするために退任も厭わない旨などを話し、選手や視聴者のために再考を熱望した。

 そうはいっても、榊原氏の周辺で立ち昇る黒い噂は、今回がはじめてではない。2006年に「週刊現代」(講談社)は、榊原氏が黒い関係を使って脅迫したという同業者の告発を報じている。

 当時、榊原氏が代表で運営を行っていた格闘技イベントPRIDEも、この件を皮切りにフジテレビでの地上波放送の契約を白紙に戻され、後ろ盾を失い米国企業へ譲渡する結果になっている。

 その後2015年にRIZINを立ち上げ、フジテレビと再タッグを組み、大晦日の風物詩となった試合放送など、長く深い付き合いを築いてきたのは明白であり、運営側からすれば不測の事態だろう。

 コロナ禍で外国人選手とのマッチメイクがしづらい中、この人気選手2人の対決には期待をしていた業界関係者も多い。だが、こうした事態について「正直、現場にいるスタッフさえ本当の理由は聞かされていない状態」(フジテレビ関係者)なのだとか。それががゆえに、さまざまな噂話で業界はもちきりなのだという。

「各方面でいろんな憶測や噂が飛び交っている状態ですが、我々は”総合的判断”だと聞いています。今、制作費が削減されている中で特に、情報報道スポーツの予算を減らしていて、それもあってか“金の問題”とかもいわれていますよね。格闘技は昔は、スポーツ班の担当でしたが、今はバラエティ班でもあるんですよ。でもさすがに、このカードなら数字は取れるだろうからなぁ」とフジテレビの関係者のなかには、“お財布事情”を推測し、残念がる人もいる。

 榊原氏は会見の中で、フジテレビが金欠だと遠まわしに話しているものの、局側は一連の件についての詳細を明かしておらず、榊原氏も今回、契約に至らなかった理由については「明確なものはない」と話していることから、たしかに複合的な判断だったという意見が多い。

「それこそフジの社長が変わったからですかねぇ。一説には社長よりも会長が嫌がったんじゃないかっていう話も聞こえてきます。もしくは営業側からもNGだったんじゃないんですか?  黒い噂なんて出たら、いくら視聴率がよくってもCM枠が埋まらない、もしくは撤退されちゃいますからね。経済的な条件で折り合いがつかなかったわけじゃないんじゃないかな」(メディア関係者)

 しかしながら、番組表に突然2時間ポッカリ穴を空ける判断は、テレビ側からしても苦渋の選択だったと、視聴者でも想像できる。あるテレビ番組のディレクターからは、こんな考察も飛び出ている。

「都市伝説的な話だと、K-1がリークしたなんて説もありました(笑)。それも、榊原さん潰しの名目で。それはさすがにないだろうと思いましたが、わりとどこでもこの話題でもちきりですよ。黒い交際についても“ただ、知っていた”のと“知れ渡ってしまった”のでは違いますしね。でも今回、本当にそれだけかねぇって思っちゃうんです。ちなみに個人的に推しているのは、フジテレビのマッチポンプ説です(笑)。揉めにもめた上で、結局フジで放送するっていう。こっちのほうが嘘でもバカらしくていい! まぁ古いやり方ではあると思いますが、10年後とかに『わざと中止って言っていた!』みたいな証言が飛び出て伝説になったりして」

 大晦日の放送どころか今後、地上波で格闘技が見れなくなるかもしれない一大事。放送を望むファンや関係者も多く、ギリギリまでありとあらゆる交渉が続きそうだが……。どんな結果になっても、たとえこのくだりが”エンターテイメントの一環だ”ったとしても、ガチンコ勝負を忘れないで欲しい!

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2022/06/07 13:00

天心v武尊ビッグマッチ見送りで広がる臆測―まさかの”フジテレビマッチポンプ説”ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシアタ...…
写真