日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > リリース前後から大騒動

YouTubeやTikTokで見たあのかたつむりゲームがリリース前後から大騒動

文=与良天悟(よら・てんご)

中国版の利用規約がそのまま翻訳?

 とはいえ、中国や韓国の利用規約として見た場合「あるある」でもある。

『最強でんでん』は中国で先行配信されていた背景もあって、中国版の利用規約がそのまま翻訳されて実装されていただけという見解もある。リリース当初の原神などでも同様の騒動があったので、同じ流れなのではないだろうか。

 公式トレイラーの冒頭で「令和のネタゲー爆誕!?」と言われると、どこまでがネタなのかがわからなくなるのも事実。しかも、トップページには「気になったらあなたの負け」という意味深なキャッチコピーも拍車をかけている。

YouTubeやTikTokで見たあのかたつむりゲームがリリース前後から大騒動の画像4

 また、紹介したプロモーション以外にも、力の入ったオリジナルアニメーションや4コマ漫画も公開されている。こうした活動の成果なのか、リリース直後にはダウンロードランキング1位を獲得。

 戦闘が地味だったり、眺めるだけのシーンがあるものの、放置ゲーなので他のスマホゲームとの掛け持ちがしやすい本作。今後、どれだけプレイヤーを増やすことができるだろうか。

与良天悟(よら・てんご)

与良天悟(よら・てんご)

1984年、千葉県出身のウェブメディア編集者。某カルチャー系メディアで音楽や演劇を中心にインタビューなどを担当するほか、フリーで地元千葉県の企業の記事なども請け負っている。

最終更新:2022/06/15 06:00
12

YouTubeやTikTokで見たあのかたつむりゲームがリリース前後から大騒動のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

相対する強烈な家族愛

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真