日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 安田章大&ハナレグミのセッションが名演!

『関ジャム』弾き語り特集、関ジャニ安田章大&ハナレグミのセッションが名演

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『関ジャム』弾き語り特集、関ジャニ安田章大&ハナレグミのセッションが名演の画像1
『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)TVerより

 6月12日放送『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で行われたのは、「弾き語り」の特集。ゲストとして登場したのは、秦基博、ハナレグミ・永積崇、TENDREの3人だ。

 特に注目は、永積の出演だった。この人がテレビに出ること自体、すごくめずらしい。あと、3人には「冨田ラボのゲストボーカル」という共通点がある。TENDREは冨田ラボのニューアルバム『7+』に参加したばかりだ。

 冒頭から3人の弾き語りメドレーから始まるという、贅沢な構成だった。秦「鱗」、TENDRE「hanashi」、永積「家族の風景」という順番。いきなり、「鱗」のサビから始まったのはドキッとした。そして、締めは「キッチンにはハイライトと~」と歌う永積の弾き語りである。キッチンにハイライトがある家庭が“どこにでもある風景”とは言えない時代になってしまったし、「フライパンマザー」という独特のフレーズに少し引っかかったりもするが、この曲の普遍性は決して変わらない。

 当然、メドレーだけに一つひとつの曲の尺は短い。「3人、フルで聴かせて!」とわがままを言いたくなるようなプレミア感だった。

ハナレグミが全国どんな場所でも弾き語りをする意義

「バンドと弾き語り 歌声の違い」について説明したのは、秦だった。

「バンドがいると単純に楽器の音量が大きいので、歌声の細かいところまではなかなか聴こえなくて、むしろ、他の楽器に負けないよう“聴こえるように歌う”歌い方になるんですけど、弾き語りだと結構細かいところまで聴こえるんですよね。声がかすれたりとか、そういうところがかき消されないで済むっていうのはあります」(秦)

 声だけではなく、ギターなど楽器の音色についても同様。繊細な音色を意識しても、バンドの音が重なってかき消されたり、音量で劣ってショボく聴こえてしまったり、意図どおりにいかなくなることは多い。そこが尊重される点は、弾き語りの良さだろう。

 能楽堂やお寺、映画館のロビーなど、全国どんなところでもギター1本で回って演奏する永積は、弾き語りについてこう考えている。

「(会場が)バーとか飲み屋だったら、ステージがないじゃないですか。そこで演奏することによって、歌詞の内容や聴こえ方はまったく変わると思うんです。ライブハウスやホールは音響的にバッチリなんですけど、それ以外のものがないじゃないですか? でも、弾き語りはかなり日常に近いトーンなので、そこで歌うとそこに住む人たちの時間と自分の歌が重なり、曲にまた違うストーリーが生まれてくると思うんですよね」(永積)

 奥田民生は広島市民球場、厳島神社、マツダスタジアムという大会場を選び、「ひとり股旅」と題した弾き語りライブを行ったが、そうではなく、オーディエンスの身近な場所で弾き語りすることで“日常に近い”パフォーマンスにする。つまり、自分だけに歌ってくれているような感覚になるのが、永積の弾き語りの醍醐味なのだろう。弾き語りは、演者と観客の真剣勝負という感じがする。

123

『関ジャム』弾き語り特集、関ジャニ安田章大&ハナレグミのセッションが名演のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

続々コンサート引退のなぜ

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

“休業”を経験する芸人2人の語り

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っ...…
写真