日刊サイゾー トップ > 芸能  > あびる優・才賀紀左衛門、長女をめぐるバトル泥沼化

あびる優「虐待」疑惑、才賀紀左衛門は「洗脳」疑惑…長女をめぐる元夫婦のバトルが泥沼化

文=佐藤勇馬

あびる優「虐待」疑惑、才賀紀左衛門は「洗脳」疑惑…長女をめぐる元夫婦のバトルが泥沼化の画像1
「あびる優Official Instagram」より。

 タレント・あびる優が元夫で格闘家の才賀紀左衛門に対し、親権者変更が確定したのに7歳の長女の引き渡しがされない「違法連れ去り状態」が続いていると告発した騒動が泥沼化している。あびるについても、酒癖の悪さによる長女へのネグレクト(育児放棄)や虐待まがいの行為などの疑いが噴出し、収拾がつかない状況となっているのだ。

 あびると才賀は2014年に結婚し、翌年に長女をもうけてラブラブ夫婦としてメディアでもたびたび取り上げられたが、2019年に離婚。才賀が長女の親権および監護権を持つことを発表し、一般に離婚後は母親が親権を持つケースが多いことから世間を驚かせた。

 あびるは今月21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に登場し、2020年1月に親権者変更を求める申し立てを家庭裁判所に行い、昨年2月に親権者の変更と長女の引渡しが裁判所から命じられたことを告白。あびるによると、才賀は抗告が棄却されて長女の引き渡しが確定しても応じず、裁判所の決定に従わない「違法連れ去り」状態になっているという。

 さらに、あびるは「文春オンライン」(同)などにも登場し、才賀への怒りと娘を思う気持ちを告白した。

 引き渡しが実行されない最大の原因は「長女があびると暮らすことを泣いて嫌がっている」というものだが、あびるは「元夫が娘を洗脳した」といった趣旨の訴えを展開。離婚直後に面会した時に長女は「ママだいすき」と甘えてきたというが、昨年11月に家庭裁判所の調査官があびるについて聞くと「ママじゃない。人間でもないし、動物だよ」と話していたという。

 さらに今年3月に直接面会した時、あびるに対して長女は舌打ちしながら「あんたなんて、産んだだけのただのおばさんなんだから」と言い放ったという。

 7歳の女の子が母親にそんなことを言うものなのか……と、にわかには信じがたいものがある。だが記事では、才賀が長女に「イケメンヒーロー俳優に夢中で息子をほったらかしにしていた母親の末路…」といったタイトルの“毒親”に関するYouTube動画を見せているとし、そうした動画などによる「洗脳」の結果だと指摘されている。

12

あびる優「虐待」疑惑、才賀紀左衛門は「洗脳」疑惑…長女をめぐる元夫婦のバトルが泥沼化のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

“事務化したテロ”の時代

今週の注目記事・第1位「『統一教会』と『政治...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真