日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > キンプリの宣伝に異変
ジャニーズ×Twitterトレンド速報

平野紫耀「爆イケビジュ」が世界トレンド4位! キンプリの宣伝に異変

文=鈴木紬(すずき・つむぎ)

平野紫耀「爆イケビジュ」が世界トレンド4位! キンプリの宣伝に異変の画像1
平野紫耀

 10枚目のニューシングル「TraceTrace」を9月14日にリリースするKing & Princeが、7月24日よりソロの新ビジュアルを毎日、メンバーひとりずつ公開。28日に、ラストとなる平野紫耀の新ビジュアルがTwitterで解禁されると、ハッシュタグ「#平野紫耀_新ビジュアル」が日本トレンド1位、世界トレンド4位となった。

 同カットは、グループの公式アカウントにて永瀬廉、高橋海人、岸優太、神宮寺勇太の順で公開されたが、平野がラストを飾ると「紫耀くんきたー! 超絶かっこいい!」「色気が日に日に増してる」「爆イケビジュで泣く……!」「うわー、息を呑みました」「キング降臨したね」などと絶賛コメントが殺到。公開から18時間ほどで3,500件を超えるコメントと、13万件以上の「いいね」を集め、ほかのメンバー以上に大きな反響が見て取れる。

 加えて、昨年5月に開設した公式インスタグラムと、先月開設したばかりの公式TikTokでは、メンバーそれぞれの新ビジュアルを静止画ではなく、スペシャル映像として動画で順次公開。「TraceTrace」のリリース日まではまだ1カ月半ほどあるが、早くもSNSをフル活用したプロモーションを展開している。

「ネット戦略では、Snow ManやSixTONESに遅れをとってきたキンプリですが、最近、徐々に公式アカウントをうまく活用できるようになってきた印象です。『TraceTrace』は、過去の売上から『初動で50万枚近く売り上げるのでは?』と期待されていますが、ジャニーズがこの程度の数字を叩き出したところで、世間的には大きな話題にはならないでしょう(苦笑)。今の時代、やはりYouTubeの再生数が話題になったり、TikTokで“バズる”ことのほうが、特に若い層へのアプローチとしては重要といえます」(芸能事務所関係者)

 なお、日替わりでメンバーの新ビジュアルと動画を公開していくやり方は、K-POPのプロモーションにおいて「10年以上前から一般的にやられてきた手法」(韓国の芸能事務所関係者)だという。

「これらの“予告編”は、K-POPでは『ティザー写真』や『ティザー映像』と呼ばれ、最近ではこの手法をマネする日本のアイドルやアーティストもよく見られます。ただ、K-POPがある意味すごいのは、ティザー写真で期待感を煽りながらも、いざミュージックビデオが公開されると、写真のビジュアルとまったく違うことも珍しくない点(笑)。しかし、これはK-POPのクリエイティブにおける“自由さ”ともいえます」(同)

 また、日本芸能界のプロモーションにおけるクリエイティビティは、K-POPと比較すると「思い切りが足りない」という。

「K-POPと比べると、ジャニーズはまだまだ冒険心に欠けるなと感じます。SMAPは活動当時、かなり攻めていた印象もありますが、それ以降はビジュアル面でも音楽面でも保守的なグループが目立つ。キンプリは歌もダンスも上手で、最高の“素材”を持っているからこそ、もっと野心的なビジュアルや音楽にも挑戦してほしいです」(同)

 放送中の永瀬主演ドラマ『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』(日本テレビ系)のエンディング曲でもある「TraceTrace」は、心地よいミディアムテンポで、メンバーのダンスにも期待がかかる。今回、新ビジュアルでファンを大いに期待させた彼らだが、これから公開されるミュージックビデオでも良い反応を得られるだろうか。

鈴木紬(すずき・つむぎ)

鈴木紬(すずき・つむぎ)

元アイドル誌編集者。宮迫博之の焼肉屋「牛宮城」を誰かにおごってもらう日を夢見る芸能系ライター。芸能人のYouTubeやSNSのパトロールが日課。

最終更新:2022/07/30 07:00

平野紫耀「爆イケビジュ」が世界トレンド4位! キンプリの宣伝に異変のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

“青春の痛み”描く、藤井道人プロデュース作

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真